« 【W210】タイヤ交換 | トップページ | スターターモーターのグリスアップ »

オルタネーターベルトが切れる!

2018年11月26日(月) 315,898Km

出張先でぎっくり腰をやらかし、2週間ぶりにエンジンをかけました。
最近めっきり寒くなったのでエンジンは少しぐずりましたが、無事始動。そのまま走り出しました。
あまりに寒いのでグリップヒーターも使います。

20分くらい走ったところでチャージランプが点灯していることに気づきました。(間抜けなことにいつ点いたかわからないが、途中で切れたとは考えられないので始動時から点いていた可能性大)

バッテリーのマークのチャージランプは、一般的に発電がちゃんとされていないと気に点灯します。
警告灯がトラックの違法無線に反応して誤作動ってことも考えられますが、確かめるためにはエンジンを一度止めて再始動するしかありません。でも、発電が本当にされていないのであれば、ここでエンジンを止めて、バッテリーに再始動する、そして自宅までたどり着く為の電気が残っている保証はありません。

結局そのままUターンして自宅に直帰しました。(もちろんグリップヒーターはOFFです)

自宅で確認したところ、見事にオルタネーターベルトが外れていました。これでは全く発電されないはずです。エンジン始動時に切れたとしたら、その状態で50Km近く走ったことになります。あゝあそこでエンジンを止めないでよかった・・・・。

すぐに新しいベルトを入手して、ベルトの交換を行いました。

P1220200 
↑これが外れていたベルト。外れて裏返って表側までプーリーで表面が削り取られています。4PK595と見えます。
どうして外れたかは不明ですが、考えられる原因は、

  1. ベルトのP/Nが違った(長さが違った)
  2. 取り付け時のテンションが低かった
  3. 何らかの理由でベルトが固着していて、エンジン始動時にねじれて外れた
  4. グリップヒーターONの瞬間にオルタネーターの負荷が高まり、ベルトに伝わって外れた

4や5は考えづらいですね。

P1220205
↑新しいベルト 4PK611と表示がありますが実物の表示は4PK611(592)。BMWのP/Nでは12 31 7 681 841 長さ592mmだそうです。
前回使用したものはMotorworksから買った4PK595でした。
Fits R1100S (09/1997 - 08/2005), R1150GS (09/1999 - 08/2003), R1150GS Adv...
Associated BMW part: 12317681841 (12 31 7 681 841)
とあります。
実際は3mm長いけど大丈夫って判断でしょうか。

P1220199

教訓

  • チャージランプがついたらベルト切れを疑え
  • 50Kmは走れるが、それ以上どこまで持つかはわからない
  • ベルトが切れてもエンジン音が変わったりしない

【今回の費用】
オルタネーターベルト 1本 3686円
ヤフオクにて購入

|

« 【W210】タイヤ交換 | トップページ | スターターモーターのグリスアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オルタネーターベルトが切れる!:

« 【W210】タイヤ交換 | トップページ | スターターモーターのグリスアップ »