« 23万キロ総括 | トップページ | Fタイヤ交換(ミシュラン PilotRoad4) »

【W210】黒ベンツ・ブレーキランプスイッチ交換

2014年11月16日(日) (84,330Km)

黒ベンツのブレーキランプが点きっぱなしになってしまいました。

点かないよりマシ?とはいえ、色々心配でこの状態で乗り続ける気にはなりません

  • 踏んだかわからないので追突注意!
  • 夜間は後続車がかなりまぶしい
  • ブレーキランプのバルブが過熱してW210では弱点の一つのソケットが溶けそう
  • バッテリーへの負荷も無視できない?

ネットで同種事例を検索すると、原因はブレーキペダルの根元についているブレーキランプスイッチのようです。
スイッチはヤフオクにも出品はあるようですが、待ってられないのでヤナセに在庫があることを確認してすぐ取りに行きました。
3120円也。

141116122639img_1404_r
↑事前に自宅で内装を剥ぐってスイッチの位置を確認。
ちなみにコネクタを外すとランプは消えっぱなしになりますが、3つくらいの深刻そうな警告が計器盤に出るので元に戻して点きっぱなしのままヤナセまで走ります。

141116122710img_1407_r
↑部品を受け取ったらヤナセの駐車場ですぐにスイッチを外します。
ロックを押しながら右回しでスイッチは外れます。

141116122754img_1408_r
↑これは取り外した部品
新品をつけるとブレーキランプは正常に戻りました。

141116140426img_1415_r
↑自宅に帰ってから取り卸したスイッチを分解。

141116140342img_1412_r
↑右から刺さっている棒がブレーキペダルのアームで動かされます。
これによって板バネの先の接点が通を持つような構造。
接点が減ってブレーキを踏んでも接点が届かなくなるのがトラブルの原因のようです。
症状が出たら諦めてスイッチを交換するしかなさそうです。

|

« 23万キロ総括 | トップページ | Fタイヤ交換(ミシュラン PilotRoad4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W210】黒ベンツ・ブレーキランプスイッチ交換:

« 23万キロ総括 | トップページ | Fタイヤ交換(ミシュラン PilotRoad4) »