« 222,222Km | トップページ | パラレバーのテーパーローラーベアリングを交換(2回目) »

バレオの中身

2014年8月17日(日) 222,222Km

先日不調に陥ったスターターですが、原因から直す準備としてスペアパーツの分解をしてみました。

140817163134p1170981_r
↑分解したバレオのスターター(予備パーツ)
動きが悪いのはクラッチユニットのようです。(赤矢印)

140817164116p1170991_r 140817164204p1170996_r
↑この部品。452781?と刻印があります。残念ながらこれ以上は分解できません。内部の隙間にオイルを注してみましたが、あまり効果はなさそうです。

140817163844p1170985_r
↑怪しいと思っていたギア側の動きはスムーズです。このギアで1/5に減速してトルクを稼ぐ仕組み。
マグネット剥がれで評判の悪いバレオですが、こういったところはお金がかかっています。

ということで、分解してわかったことは、クラッチユニットが寿命かな?という残念な結果でした。

|

« 222,222Km | トップページ | パラレバーのテーパーローラーベアリングを交換(2回目) »

コメント

初コメです。きそやんと申します。1150RT 2004年式を所有しております。
私のバイクも半年以上前からスターターの調子が悪く、温間時は高確率で空回りします。
何度か分解清掃を繰り返しましたが状況は変わらず。

ピニオン部には擦れ跡がないことから、クラッチが滑っているのだろうと目星をつけておりました。
やっぱりクラッチですかね?
クラッチ単体を入手するか、本体Assyにするか迷うところです。

投稿: きそやん | 2014年8月19日 (火) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレオの中身:

« 222,222Km | トップページ | パラレバーのテーパーローラーベアリングを交換(2回目) »