« 少し早目の定例オイル交換 (バルボリン5w-40) | トップページ | ABSの故障 »

ブーツのお手入れ

2013年12月1日(日)

小春日和の日曜日。
走りには行けなくても、ブーツのお手入れくらいならできるかな。

131201113136p1160486_r 131201113307p1160489_r 131201113235p1160487_r 131201114256p1160493_r
↑Tricker'sのお手入れ。
汚れのこびりついた部分はステインリムーバーを湿らせたウェスで擦り取り、その後モゥブレイのクリームを塗りこみます。できればレースも外して細かいところも入念に。
その後乾いてからウェスで丁寧に拭きあげて、最後にネル地で磨きあげます。
 

131201114854p1160502_r
↑我が家のシューケアセット。
右上に立っているのがモゥブレイのステインリムーバー。
その隣がWESCO用のBEE OILとBEE SEAL PLUS。
箱の中は各種ブラシとモゥブレイのクリーム等。
洗車道具と同じで、こういったモノはいつの間にか増えていきます

131201114342p1160495_r 131201114451p1160497_r 131201114630p1160499_r
↑Tricker'sとWESCO MORRISONの比較。

MORRISONのシャフトは太く見えますが、これでもはるかぱぱのふくらはぎにはぴったりサイズ。革パンやGパンをinで履くことは不可能です。inしたいならエンジニアブーツのBOSSを選ぶべきでしょう。
サイズは両方ともUS7.5。実際のサイズ感もほぼ同じですが、履き心地はかなり異なります。
ガバっと履く感じのMORRISONに対し、土踏まずを締め上げられるようなフィット感のTricker's。現時点では、長距離歩くなら迷わずTricker'sを選びます。
逆に履いた時の安心感というか、守られ感は断然MORRISONで、革の厚さも倍以上、ソールも厚くてヤバいところに行くならMORRISONです。
まあ、元々用途の違うブーツを比較してもはじまらないのですが、いずれもバイクで使える実用ブーツって点では共通です。

|

« 少し早目の定例オイル交換 (バルボリン5w-40) | トップページ | ABSの故障 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブーツのお手入れ:

« 少し早目の定例オイル交換 (バルボリン5w-40) | トップページ | ABSの故障 »