« ABSの故障③ 撤去 | トップページ | 大晦日 »

BMW R1150RT フルインテグラルABSなし仕様

2013年12月22日(日) 205,072Km

昨日の実施したフルインテグラルブレーキ撤去作業の確認のために近所を20Kmほど走ってみました。

走った印象ですが、電動サーボが無くなったことでフロントもリアも非常に"普通"の効き具合を示すブレーキになりました。
軽く握れば軽く、強く握れば強く、入力に対してリニアにブレーキが効きます。
以前はサーボアシストのおかげで、非常に軽い入力で相当強力なストッピングパワーを得ることができましたが、味付けが人工的で、効き具合を調整するのには気を使わされる面もありました。

また、前後連動が無くなったことも印象を大きく変えるものです。
フルインテグラルブレーキシステムでは、レバー、ペダルいずれか一方を操作しても前後両方のブレーキが作動します。
特にペダルを踏んだ時に、前輪が連動しはじめるタイミングがわかりづらく、Uターンなど低速時の取り回しは普通のバイクより難しく感じられました。
連動が無くなったことで、普通のバイクと同じく後ブレーキを引きずりながらくるりと回る、なんて事が気楽にできるようになりました。
ペダルだけを操作した時の減速Gは少し物足りないものになってしまいましたが、これは今まで前ブレーキが連動してい為でしょうから、ずぼらな運転方法を改めるしかありませんね。

プレッシャーモジュールの電気回路を一部残したおかげでブレーキスイッチの変更なしにストップランプは普通に機能しています。
もしかしたらテールランプが切れた時にバックアップする機能も生きているかもしれません。

電源を入れるとミーーーーーと鳴いていたプレッシャーモジュールですが、それ自体を撤去したことで、軽量化したうえに消費電力が減ってバッテリーが楽になったこともメリットといえるでしょう。
いい事ばかりのフルインテグラルブレーキ無効化作業ですが、もちろんABSの機能は完全になくなっているので、パニックブレーキで操作を誤るとタイヤがロックして転倒、という事態になることは肝に銘じておかなければなりません。

131222104314p1160642_r 131222104339p1160646_r 131222104346p1160647_r_2 131222104409p1160650_r 131222104438p1160651_r 
↑テストランの後、各部リークが無いことを確認しました。今のところ大丈夫そうです。

131222095810p1160634_r 131222095947p1160638_r 
↑冬になったので、先週久しぶりにザイモールで磨いてあげたボディが朝日にヌメッと輝いています。
20万キロでとうとうオリジナルから大きく機能を落とす改造となってしまいましたが、フルインテグラル無しのほうが"わかり合える良き友"になってくれそうな予感がしています。

131222104517p1160652_r

|

« ABSの故障③ 撤去 | トップページ | 大晦日 »

コメント

改造成功おめでとうございます(^^)v
同世代の850はこのブレーキラインですからちゃんときいて当然なのですが、これだけきいてくれればABSはともかく、サーボはいらないと思えちゃいます。
はるかぱぱさんの記事を拝見していると安心して観ていられます。
ブレーキスイッチ回路の処置も見事ですね。さすがです(^^)

Kachi//

投稿: Kachi | 2013年12月22日 (日) 21時52分

Kachiさま

ありがとうございます。
今回は本当にKachiさまさまでした。
詳しい状況をブログで公開していただいたので、安心して作業することができました。
BMWのブレーキについてはRTに限らず全般的に不具合が目立つようで、ネットで検索すると色々情報がでてきます。
今回のブレーキランプの解決法も海外のサイトで見つけたものです。
海王的にはいよいよ乗りつぶしモードになってきましたが、愛着は増す一方です。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: はるかぱぱ | 2013年12月22日 (日) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BMW R1150RT フルインテグラルABSなし仕様:

« ABSの故障③ 撤去 | トップページ | 大晦日 »