« プラグとエアフィルター交換 | トップページ | BMW R1150RT フルインテグラルABSなし仕様 »

ABSの故障③ 撤去

2013年12月21日(土) 205,052Km

ABSというかブレーキシステムの故障ですが、治りそうもないので前後連動/ABSの仕組みを無効化する作業を行いました。

以下に作業概要をご紹介いたしますが、このような解決方法をお勧めするものではありません。参考にされる方は自己責任で作業願います。

  1. 症状
    故障の状況は、計器盤上の"ABS"警告がフラッシング。"!"が点灯というもの。
    特に始動から30分以内に発生確率が高く、1時間程度走るとほとんど点灯することはなくなります。
    ブレーキの操作に直接関係なく突然点灯することもあります。
    この状態ではフロントのサーボアシストが強めで、前後連動が働いていない感じ。
    一度点灯するとエンジン再始動以外でリセット不能です。
    一度だけ警告灯点灯と同時にレストブレーキ状態になったことがあり、赤信号で止まり損ねそうになったときにフルインテグラルシステムの撤去を決意しました。
  2. 作業概要
    やるべきことは、大まかに言って以下の2つ
    (1)ブレーキラインの変更
    ・・・リザーバ→マスターシリンダ→→プレッシャーモジュール→キャリパという経路から、リザーバ→マスターシリンダ→キャリパに変更
    (2)ブレーキランプの配線変更
    ・・・インテグラルブレーキでは、ストップランプの配線がプレッシャーモジュール経由になっています。
    あわせてレバー部/ペダル部のスイッチがふつうと逆の「作動時に接点Open」仕様。プレッシャーモジュールをバイパスして結線するだけではブレーキランプが作動しません。スイッチを普通の「作動時にClose」仕様に変更したうえでモジュールをバイパスするか、モジュールの回路を生かすか、という対応が必要です。
  3. 作業準備
    パーツの手配はMotorworksから個人輸入。一緒にブレーキランプの配線図を分けてもらいました。
    買うべきパーツは以下の通りです。
    ・BRA36793 Bleed nipple 1.00
    ・BRA50965 Brake line splitter (R1150) 1.00
    ・BRA51363 Goodridge brake line kit 1.00
    ・BRA63072 Copper washer  8.00
    ・ELA05729 Switch 1.00
    ・ELA59588 Switch 1.00

    結果的に今回は前後のSwitchは使いませんでした。
    これにDOT4のブレーキフルードを1リットル用意しておきます。
  4. ブレーキフルードのドレン
    ブレーキホースを外しますので、ブレーキフルードをドレンする必要があります。
    フルインテグラルシステムの最後のお仕事、ということで、キーをONにしてブレーキを操作し、キャリパー部からフルードを抜きます。
    この方法ではプレッシャーモジュール→キャリパー部のフルードしか抜けませんが、それで十分です。
  5. フロントブレーキライン変更

    131221111705p1160581_r_2 131221153959p1160622_r_2
    ↑左が変更前。右が変更後。Brale Line Spliterという部品を使って、プレッシャーモジュレータへのラインをバイパスして、直接キャリパー側につなぎます。
    ハンドル部のリザーバーのフルードは入ったままで作業しましたが、ふたをした状態ではエアが入らないのでほとんど漏れることなく作業できました。
    接続面には新しい銅ワッシャを忘れずに。

  6. リアブレーキライン変更

    131221113451p1160585_r 
    ↑変更前のリア・ブレーキライン

    131221131634p1160588_r 131221131629p1160587_r
    ↑変更後のブレーキライン。こちらもリザーバ内のフルードはそのままで作業可能です。ブレーキホースはオリジナルのものでは接続部の角度に無理があるので、新しく調達したものを使います。

  7. ブレーキフルード補充、ブリード
    前後のホース接続が終わったらまずはブリード。既に"普通のバイク"ですから、リザーバーにフルードを満たしながら、ペダル/レバーとキャリパー部のニップルの開閉操作をリズミカルに行うだけです。
    満足いくまで繰り返して、最後に液面を調整したらできあがりです。
  8. プレッシャーモジュレータ取り外し、分解
    まずは不要になったプレッシャーモジュールを取り外します。

    131221111545p1160580_r
    ↑最後の姿 

    131221113444p1160584_r
    ↑ブレーキフルードのラインはクリップを抜けば引き抜けます。 

    131221131951p1160593_r
    ↑コネクターは横のロックをスライドして上に引き抜きます。 

    131221134444p1160596_r
    ↑マウントボルト3本を外すと取り外し完了。
    本体だけでなく配管類も取り外しました。もう2度とABS仕様には戻さない覚悟ですね。

    131221145216p1160598_r
    ↑ブレーキランプの回路を活かす為にモジュールを分解します。
    このネジが曲者。合うツールが無かったのでニッパーでつまんで緩めました。

     
    131221150139p1160603_r 
    ↑開きました。この状態でコネクターをすべて外して基盤部を分離します。

    131221150504p1160604_r 131221151154p1160605_r
    ↑取り外した小箱を部屋に持ち帰ってハイスピードテープで目張り。本当はもっとしっかり防水防塵処理をしたほうが良いのでしょうが、今回は手抜き・・・。

  9. 電気回路再接続

    131221151507p1160613_r 
    ↑この空地に小箱を設置します。

    131221153827p1160617_r 131221153951p1160621_r
    ↑モジュレータを取り付けていたブラケットを流用してタイラップで固定。底には振動対策で台所用のスポンジをはさみました。

    131221151450p1160611_r
    ↑ABSの警告灯を殺すためにリレーを一つ抜き取ります。
    これでブレーキランプを生かした状態でABSの無効化が完了です。
    残念ながらジェネラル警告灯"!"はフラッシングしてしまいますが、こちらは計器盤の電球を抜くしかなさそうです。
    とりあえず今は黒い四角いカバーを作って計器盤の"!"の部分に貼り付けてあります。

  10. テストラン

    131221164533p1160627_r_2
    およそ5時間の作業がおわりました。
    ブレーキフルードが垂れた部分を水で流した後で軽く近所を走ってみました。
    フロント/リアともちゃんとブレーキは機能して、オリジナル状態でシステムが死んだとき(レストブレーキ状態)とは違い、ほとんどサーボ付の時と同様に効きます。
    ブレーキランプもちゃんと機能しているので作業は成功のようです。
    詳しくはもう少し走りこんでからご報告いたします。

131221162844p1160625_r
↑作業で取り外された部品。これ以外に不要な配管類も撤去しました。

BMWのABSに関しては同種の不具合情報がネット上にあふれていて、今回の作業をするにあたってはKachiさんのブログはじめ、たくさんお方にお世話になりました。
ありがとうございます。

|

« プラグとエアフィルター交換 | トップページ | BMW R1150RT フルインテグラルABSなし仕様 »

コメント

こんばんは(#^.^#)
いつもメンテの参考に拝見させてもらってます
m(__)m
私もABSの不調で撤去を考えています。
で、ひとつ質問ですが、現在はFブレーキ・Rブレーキの連動はしないのでしょうか?

投稿: R大田原R | 2014年9月23日 (火) 20時17分

はじめまして。
大変参考にさせていただきました。

無事同じように仕上がりました。
海王さんのコメントで(ジェネラル警告灯)は
その後何か進展はありましたか、もしあれば教えてください。

今回一番大変だったのはタンクを降ろす事でした、
満タンで作業してしまい早くに気が付けば良かったのですが、真冬の作業で焦りがありました。

解る範囲でおしえてください。

投稿: | 2017年1月31日 (火) 18時32分

先ほど質問したものです。
アドレス入れ忘れました。

よろしくお願いします。。

投稿: Tony | 2017年1月31日 (火) 18時35分

初めまして。
突然の質問申し訳ありません。
実はサーボブレーキを撤去して頂ける方を探しています。
ご依頼は難しいでしょうか?
どこか撤去作業ができる、ショップ情報はありませんでしょうか?

投稿: 山崎 | 2017年5月22日 (月) 23時03分

判り易い説明ありがとうございます。
R1150RでABS撤去しましたので、気づいた事を連絡します。
①フロントブレーキは、付いている部品を組み合わせればABSバイパス出来ました。(追加部品は銅ワッシャー)メーカーでも故障時の対応考えての工夫かと思います。リアも同様
②ABSモジュールを撤去して困るのは、ブレーキランプを制御するスイッチが、ノ-マルクローズになっている事でした。簡単なリレー(350円)を追加して反転させました。RTでは他に制御があるようです。
③故障時にディラーにモジュールチェックを依頼した時に、ABSを削除する事を勧められました。R1150の時代のモジュールはディラーでもお手上げとの事。親切に色々教えてくれます。

投稿: 中さん | 2017年9月17日 (日) 12時04分

いつも拝見しています。
私の愛車は、R1150RT 平成16年車です。
今年、モトラッドにて車検を通す際、スタータ交換を始めもろもろの部品を交換をして約1ヶ月と26万ほど諸費用をかけ先月上がってきました。デーラーからABSがまだ生きていてよかったですね。とのお言葉をもらいながら乗り始めたのですが、このときが来たんばかりにABS.!の警告ランプが点灯。デーラーで診断を受けたところ、リアのブレーキに障害が出ているとのこと。修理にはシステム丸ごとの交換を要するとのことで、私もABSの無効化、モジュールの取り外しを決心しました。
ブログ内で紹介されている Motor Works から部品の取り寄せについてご教示頂けるとと助かります。
よろしくお願いします。

投稿: たんぞう | 2018年9月 9日 (日) 09時19分

はじめまして
非常に分かりやすく
いつも参考にさせて頂いております

ご教示お願いしたいのですが
当方2004年式 R1150R ABSを撤去しております
プレッシャーモジュレータを分解し基盤を分離しました
その際ケーブル類を結線し直す必要は有りませんか?
ブレーキスイッチは元のままです
宜しくお願い致します。

投稿: 石本 | 2018年9月18日 (火) 16時01分

はじめまして
R1200Cに乗っている者です。
ABSエラーが出てリアブレーキがまったく効かなくなった為、インテグラルブレーキを撤去しました。
ブレーキスイッチもノンABS用に変更してホースラインも再構築したのですが
スピードメーターが動きません。
テスターで回路を調べたのですが配線図もなく困っています。
よろしくお願いします。

投稿: モントーク | 2020年9月21日 (月) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ABSの故障③ 撤去:

« プラグとエアフィルター交換 | トップページ | BMW R1150RT フルインテグラルABSなし仕様 »