« 空冷エンジン向けエンジンオイル | トップページ | Fタイヤ・摩耗限界 »

パニアケースの白焼け対策

2013年11月10日(日) 202,100Km

いまだちょっと洗車してあげれば海王のボディはツルピカで、とても20万キロを走破した過走行車には見えない状態を維持していますが、部分的には気になるところも目立つようになってきました。

中でも未塗装部分の樹脂が白焼けするのはこの時代の欧州車全般に共通する"劣化の証明"といった風情です。

131013143902p1160154_r
↑トップケースの下半分や、パニアケースの内側が白く・・・

いっそ塗装してしまおうかとも思ったのですが、少し色合いを間違うと酷く下品になりそうですし、何とかケミカルでオリジナルの雰囲気に復活できないかと探してみたところ、ありました。
その名も、"ワコーズ SH-R スーパーハード 未塗装樹脂用耐久コート剤"
よくある艶出し剤に比較して圧倒的に高価ですが、効果がありそうなので土曜日にAmazonでポチ。日曜日の夕方に届きましたのですぐに施工です。

131110200423p1160204_r 131110200433p1160205_r 131110200443p1160206_r 
↑これが施工前。アルコールで脱脂清掃済みです。

131110202327p1160217_r 131110200638p1160208_r
↑スーパーハードは150cc。専用のスポンジは切れ目から切り取って使います。

131110200907p1160210_r 
↑施工中。あまりに差がでるので、ついこういう写真が撮りたくなります(笑)

131110205717p1160244_r 
↑塗りこんでから5分後に乾いたウエスで拭きあげて出来上がり。評判通り、むやみにテカらず、しっとりと良い感じです。

131110205726p1160245_r
↑綺麗に仕上がりました。24時間で完全硬化だそうで、その間は濡らさないほうがよさそうです。雨、大丈夫かな? 

131110205506p1160235_r
↑不審物Smell Check中の我が家のハウル(イタリアングレーハウンド)。舐めちゃだめだよ。

131124110221p1160283_r
↑だいぶ綺麗になりました。

 

|

« 空冷エンジン向けエンジンオイル | トップページ | Fタイヤ・摩耗限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パニアケースの白焼け対策:

« 空冷エンジン向けエンジンオイル | トップページ | Fタイヤ・摩耗限界 »