« 定例オイル交換(バルボリン20w-50) | トップページ | パニアケースの白焼け対策 »

空冷エンジン向けエンジンオイル

2013年10月17日(木) 200,400Km

コストコでシェブロンの20w-50が手に入らなくなったのを機に、再度空冷エンジンに合うエンジンオイルについて調べてみました。

商品名 粘度 動粘度 mm2/s 粘度指数 リン含有量
グレード @40℃ @100℃  
300V ル・マン 20W60 170 22.9 162 不明
300V コンペ 15W50 128.1 17.8 154 不明
300V クロノ 10W40 89.5 14 161 不明
300V パワー 5W40 80.8 13.8 176 不明
300V パワーレーシング 5W30 65 11 162 不明
300V ハイ・アールピーエム 0W20 40.1 8 177 不明
カストロールRSフォーミュラ 10W50 139 21.15 178 不明
カストロールXF-08 10W40 99.5 14.17 146 不明
シェブロン(SM) 20w50 175.2 18.5 124 0.099
シェブロン(SN) 20w50 157.8 17.3 119 0.099
シェブロン(SM) 10W40 109.7 14 146 不明
シェブロン(SN) 10W40 102.2 14.7 148 不明
バルボリン
VR-1Racing
20w50 181.8 20.5 132 0.14
POLO
TURBO XLD
10w40 85.3 13.9 167 0.12程度
POLO
TURBO XLD
15w50 133.9 19.1 162 0.12程度
SYN Pro1000 5w-50 5w50 106 18.2 190 不明

  1. 最近のシェブロンはイマイチ?
    以前シェブロンのオイルを使っていた時には、そのコンデンスミルクのような独特のフィーリングにびっくりしたものですが、最近はそれほどでもありません。
    調べてみると同じ20w-50でもAPI規格がSM時代のものとSN時代のものでは成分は変更されたようです。
    同じ20w-50でも、SMとSNでは実際の粘度は下がっています。
  2. オイルに含まれるリンの量
    SH規格以降はリンの含有量が排ガス浄化の為の触媒保護の為に厳しく制限されています。
    制限の対象は0W-20 0W-30 5W-20 5W-30 10W-30のみなので20w-50は対象外となります。
    リンは耐磨耗などのオイルの基本性能を維持する為には必須の添加剤なので触媒が装備されていない車両であれば(限度はあるでしょうが)多く入っていたほうが良い、ということになります。
    実際のリンの含有量をまとめた資料によると
     シェブロン 20w-50  0.099
     ケンドル High Performance Motor Oil 20w-50   0.108
     バルボリン VR-1 20w-50 0.140
    だそうで、いずれも制限対象外なのでSM規格の上限 0.08以上となっています。
  3. おすすめオイルは?
    数値で表せる部分の条件は以下の通り
      ・なるべくリン含有が多め
      ・夏用は動粘度(100℃)が18以上
      ・冬用は動粘度(40℃)が100程度
      ・500円/Qt程度

    【夏用イチオシ】バルボリン VR-1 Racing
    実際に先日いれたバルボリンはなかなかネッチリしたフィーリングで、リンも多め。耐摩耗性を考慮すると海王のような過走行の空冷エンジンには向いていると言えます。
    だいぶ硬めですが、500円/Qtという値段からも夏用には20w-50ではVR-1が最適でしょうか。
    【冬用イチオシ】シェブロン
    既に20w-50は入手困難ですが、冬用に10w-40は良さそうです。
    数値はいずれも
    【次点】POLO
    SYN PRO 1000の5w-50であれば1年中使えるかもしれませんが、900円/Qt以上します。
    夏用であればPOLOのTURBO XLD 15w-50。500円/Qt程度。
    冬用であればPOLOのTURBO XLD 10w-40。500円/Qt程度。

まあ、数値だけでなく大切なのは実際に使ってみた印象なのですが、POLOはペール缶のみの販売ということで簡単に試してみることはできません。

参考:http://www9.atwiki.jp/oil-properties/

空冷エンジンにお奨めのオイルを検討する 2009.07.14
空冷エンジンにお奨めのオイルを検討する(2) 2010.03.03

|

« 定例オイル交換(バルボリン20w-50) | トップページ | パニアケースの白焼け対策 »

コメント

ご無沙汰しております。
オイル解析表、大変参考になります。
活用させて頂きます。
>最近のシェブロンはイマイチ?
やはりそうだったのですね。ちなみに私のR259は油量が窓の三分の一以下のみで、ハードブレーキング等(ちと大袈裟ですが)オイルが前方へ移動した際、オイルパンからの吸入量低下による油圧チェーンテンショナー作動不足によるものと推測されるチェーンが踊る異音がいつもより若干増大していました。もちろんテンショナー他単体劣化も推測されますが、オイル量で解決いや、妥協しております(涙)

投稿: いじり系おやじ | 2013年10月19日 (土) 06時34分

はじめまして。
興味のある記事を拝見させて頂きました。
空冷バイク、buell と CBとクルマはミニ1000に乗っています。
みんな同じoil使ってます。
毎回、交換走行距離が少ないので、交換時期になるとoilを何にしようかと考えます。
ここ数回はコストコの箱買いシェブロン20wー50を使用してました。ちょっと前まで川崎のコストコには20w-50が在庫ありでした。
だいたい半年に一度、1000km程度(暑さ寒さと仕事の煩雑さで変化しますが....)で交換していました。
在庫も無くなって、最近気になるのがバルボリンVR1 20w-50です。
悪い評価はあまり見かけませんが、私のように走行距離が少なく、交換サイクルの長いものにはどうなんでしょうね?
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

投稿: にゃんた | 2015年10月 5日 (月) 14時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空冷エンジン向けエンジンオイル:

« 定例オイル交換(バルボリン20w-50) | トップページ | パニアケースの白焼け対策 »