« 御礼 - 94万Hit! | トップページ | タイヤ交換・PilotRoad3(後輪のみ) »

【W124】19年前/18万キロのベンツを維持するということ

2013年1月28日(月)

久々ですがベンツの話題。

実は我が家の古いベンツさん、現在乗り続けられるかどうか崖っぷちにあります。

ウォーターポンプを交換し、なんとか快調に走り続けていたベンツさんですが、最近色々気になる点が増えてきました。

  • アイドリングが不安定になることが多く、特にリバースに入れたときの回転の落ち込みが大きい
  • 運転席側のキーシリンダーで「閉」方向が回らない
      →自分で助手席側のキーシリンダーと交換済み
  • 車体下部から燃料臭
  • 室内灯の電球切れ

電球(少し特殊でオートバックスでは売ってない)を買うついでにヤナセで見てもらうことにしました。
結論は

  1. アイドリング不調・・・スロットルバルブ周りの電装品一式(20万円程度)を交換してみては?
  2. キーシリンダー・・・聞き忘れた
  3. 燃料臭・・・フューエルポンプから燃料モレ。部品代6万円+工賃
  4. 電球・・・部品代300円(+交換工賃700円)
  5. その他・・・トランスミッションもそろそろ寿命のよう(70万円)

とりあえず電球だけ交換してもらって(というか既に交換されていた)自宅に帰りました。
燃料モレは危ないので部品を調達して自分で交換する予定ですが、アイドリングは暫く我慢かな。
問題はATの寿命。70万円かけるということは100万くらい掛けてあと10年以上乗るか、という判断を迫られます。
きっとここで100万掛けてもまだまだアチコチ壊れるでしょうから、ATが逝ったら乗り換えでしょうか。

うーん。べつのクルマを買うお金も無いし、困ったものです。

|

« 御礼 - 94万Hit! | トップページ | タイヤ交換・PilotRoad3(後輪のみ) »

コメント

拙宅の家内の実家で乗っているクラウン(確か96年か97年式)は、すでに16~7年、そろそろ27万キロに達しますが、ウィンカーリレーの交換とホース類の交換くらいで今でも調子よく走っているようです。
アタリの車両だったのかもしれませんね。
日本車でもトヨタ車はわりに永く乗れるようです。
まあ、あのクラウンは、設計がバブルの時期だったために、中身はそうとう贅沢に造られているようなので、いまの車両はそこまで行くかどうかわかりませんね。

Kachi//

投稿: Kachi | 2013年1月31日 (木) 22時07分

Kachiさま

お返事遅くなりました。
別記事にあるとおり結局乗り換えることになりました。
国産車ってヤワに作られているようで結構耐久力あるんですよね。
初期不良の少なさはダントツですから、壊れない、と言う点で日本車最高!というのは事実だと思います。
でも、特に欧州車のデザイン思想というか哲学に惹かれちゃうんですよね。

投稿: はるかぱぱ | 2013年2月18日 (月) 12時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W124】19年前/18万キロのベンツを維持するということ:

« 御礼 - 94万Hit! | トップページ | タイヤ交換・PilotRoad3(後輪のみ) »