« そろそろ冬支度 | トップページ | もうすぐ175,000Km »

Tricker'sとバイクの相性

2012年10月31日(水) 174,735Km

早速、届いたトリッカーズを履いて130Kmほどバイクに乗りました。

新品でまだ硬い状態のトリッカーズですが、バイクとの相性は結構良いようです。

20121031a_rt_up
↑通常状態。ダイナイトタイプのソールはステップ上で滑る事も無く、踵もしっかり引っ掛かって安心感が高いです。

20121031b_rt_down
↑ギアレバーの下につま先を入れたところ。革が硬めで高さが抑えられたウィングチップのトウ部は非常にスムーズなギアチェンジが可能。

20121031c_rt_rh
↑踵のコバは張りだしが結構大きいので、脚を内側に踏ん張る時もしっかりと力が入れることができます。(コバの端面がフットレストプレートにピタッと当たる感じ)

20121031d_rt_trickers
↑1日走ったくらいではギアレバーに当たる部分にも傷はついていません。

ということで、特にギアレバーの扱いが繊細に行える点が第一印象としては点数が高いです。

バイクとトリッカーズの相性ですが、スタイル的には、トライアンフあたりがベストマッチ。国産ではカワサキW650やヤマハのSR400等のクラシカルスタイルのネイキッドならいけそうです。
BMWであればロードスターが一番似合いそうですが、RTやRSでもヨーロピアンスタイルという意味ではミスマッチではないと思います。
つまるところ、オフロード車(BMWのGSや国産デュアルパーパス等)、アメリカン(ハーレーやドラスタ等)、レーサーレプリカじゃなければ"あり"なんじゃないかと思います。

■結論■
英国の老舗"Tricker's"のカントリーブーツは、バイク乗りにもオススメの靴です。

|

« そろそろ冬支度 | トップページ | もうすぐ175,000Km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tricker'sとバイクの相性:

« そろそろ冬支度 | トップページ | もうすぐ175,000Km »