« バイクオヤジのiphone | トップページ | リア ブレーキパッド交換 »

【W124】ベンツのウォーターポンプを交換する

2012年8月30日(木) 

我が家の古いベンツ君は先日18万キロを突破しました。
ウォーターポンプからの水漏れが酷くなったので自分で交換する事にしました。

20120830a_w124_meter_180724
↑マイレッジで海王に追われるベンツ君。もう少しで追い抜かれそう・・・。

20120830b_w124_before
↑ウォーターポンプはエンジン先端、赤丸のあたりに取りついていますので、まずはファンシュラウドを取り外します。

20120830c_w124_rmv1
↑ファンシュラウドに続いてファンとカップリング(36mmのレンチで左ネジ)も外したところ。
この後、中央に見えるウォーターポンプのプーリーを4本のボルトで外します。(1本は36mmのレンチを入れる為に既に外してあります)

20120830d_w124_rmv2
↑8本のマウントボルト、ホース類を外せば取り外し完了!

20120830e_w124_parts
↑今回調達した部品類。ポンプ自体、ホース2本、Vベルト、純正LLC。

20120830f_w124_tool
↑36mmのレンチは持っていなかったので安いものを探して買いました。柄は鉄パイプで延長して使いました。

20120830g_w124_prepair
↑取り付け準備中。

20120830h_w124_inst
↑外しと逆の手順で取り付け完了。ホースも交換済みです。
赤いドライバーは、ベルトテンショナーを緩めた位置にホールドする為に挿してあるものです。

この後、Vベルトをつけて、ファンを復旧、LLCを入れれば出来上がりです。

気温35度近くの炎天下での作業。ヘロヘロになりましたがなんとか無事終了です。
ベンツはとても整備性が良く、とくに4気筒のこのモデルはエンジンルームがスカスカなので助かります。

|

« バイクオヤジのiphone | トップページ | リア ブレーキパッド交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W124】ベンツのウォーターポンプを交換する:

« バイクオヤジのiphone | トップページ | リア ブレーキパッド交換 »