« 久しぶりの洗車 | トップページ | シュアラスター ゼロウォーターを使う »

バッテリーに優しいエンジンスタート

2012年1月31日(火) 152,574Km

寒い日が続きます。
今朝は庭の寒暖計がマイナス5℃。海王に付けたカシオ・プロトレックも-4.5℃を表示しました。

こんな寒い朝は冷間始動が心配。1気等あたり550ccの高圧縮エンジンはただでさえクランキングに高トルクが必要です。
さらに冷えてねっとりと粘度があがったエンジンオイルを掻き混ぜながらの始動は寒さで電圧が落ちたバッテリーには厳しい仕事だといえます。

一時期は石油ファンヒーターからダクトを引いてエンジン周りをプリヒートしようかという計画もありましたが、(そういった非常識な溺愛は)家族の理解が得られそうも無いのでもう少し簡単な手を考えました。

方法は簡単。始動時にはスターターボタンを押した状態でキーをひねる、というものです。
狙いは、通常キーONと同時にヘッドライトが点灯しますが、この電気を節約するのが目的です。
海王の場合、ヘッドライトをHIDに換装しているので、最初の点灯時には相当大きな電力を消費します。寒さでヘタった朝一のバッテリーには影響が大きいでしょう。
スターターボタンを押している間はヘッドライトへの電気はカットされますので、先にボタンを押しておけばエンジンが掛かるまでヘッドライトは点灯しません。

この方法で心配なのは、フューエルポンプによる燃料の加圧が間に合わないのでは、と言う点ですが、少なくとも毎日使っている分には1.5秒くらいのクランキングでエンジンは掛かってくれます。感覚的には、キーを先にひねって、(ヘッドライトが点灯してから)セルを回す"普通の"エンジンスタートよりもセルの周りが元気で、エンジンの掛かりも良いように感じます。

今までは寒い朝はエンジン始動に一抹の不安があったのですが、この方法を使うようになってからは自信を持ってセルを回せます。

20120131a_rt_sunrise
↑日の出直前の東京湾に佇む海王。

20120131b_rt_headlight
↑問題?のHID。トヨタ純正品です。取り付けてから丸2年。7.5万キロを走破しました。点灯時間はそろそろ2000時間 位でしょうか。今のところまったく不具合はありません。
一説にはバーナーの寿命は2000時間程度らしいですが、果たしてどれ位持つでしょうか。

|

« 久しぶりの洗車 | トップページ | シュアラスター ゼロウォーターを使う »

コメント

おはようございます。寒いですね。
R1100RSに乗ってるhobokingと申します。いつも楽しく読んでます。

冬場のエンジン始動にこれいいですよ。休日しか乗らない私も、この冬を乗り切れそうです。

Daytona V-Protector
http://www.daytona.co.jp/?/p/products.p10/family_id/7583/

投稿: hoboking | 2012年2月 1日 (水) 07時33分

はるかぱぱさま、おはようございます。
お住まいの方では氷点下なのですね。
拙宅付近も最近は氷点下です。

私の場合は毎晩BMWの純正チャージャーでチャージしていますが、それでもセルを回すと時計がリセットされることがしばしばあります。
先日、何の気なしに朝起きてすぐにチャージャのスイッチをオフにしてすぐにオンにしてみました。
すると、すでに満充電になってインジケータが緑のみ点灯だったものが、再チャージされ始め、出発時もまだ充電中の状態が維持されて、時計のリセットもされなくなりました。
充電器をお持ちでしたらお試しになられたらいかがでしょう。

Kachi
//

投稿: Kachi | 2012年2月 1日 (水) 07時42分

hobokingさま、Kachiさま こんにちは。

コメントありがとうございます。
V-Protector、大きなコンデンサーですね。
能書き通りの働くとして、効果があるのは最初のセル1回分と言うことになりますか・・・。
朝の一発!の為に、これをいつも載せて走るか、というあたりがポイントでしょうか。
◆バッテリーチャージャーはBMWのものではなくOptiMate4という奴を使っています。冬は原則毎晩接続していますが、充電完了後、維持モードになっているときに再接続しても(接続後のCheckは働きますが)あとは維持モードに戻るようです。
たしかBMWのチャージャーにもフロート充電モードがあったと思いますが、長時間接続した場合のバッテリー電圧の維持の仕方が違うのでしょうか・・・。
◆ちなみに海王の場合、始動時に時計がリセットされたり、ABSがエラーになったりするほど電圧降下したことはまだありません。千葉県内陸部(笑)の寒さでエンジンオイルが硬く冷えて抵抗になっているのが一番の原因だと思います。
そういった意味で、事前にエンジン周りに暖気で暖めるプリヒートは効果的だと思うのですが・・・。


投稿: はるかぱぱ | 2012年2月 2日 (木) 07時46分

はるかパパ様

いろいろな情報を有り難うございます。
私も特にイモビライザーが結構電気を食うので、純正チャージャーでほとんど充電しっぱなしです。一応トリクル充電なので常に充電しておいてもOKと聞いていますので。
一つ教えて頂きたいのですが、通常キーを入れ、赤い点滅がスロー点滅になるまではいろいろなところをチェックしているので、出来る限りセルを回さないようにとディーラーから言われているのですが、バッテリーに優しいエンジンスタート方法では、(スターターボタンを押した状態でキーをひねる)その辺のところはどうなのでしょうか?

投稿: BUDDY | 2012年2月 3日 (金) 01時09分

BUDDY さま、こんにちは。

私も最初はそう説明を受けていたので、ABSのセルフテストが完了するまでじっと待っていました。
信号待ちでエンジンを停めたときもそうしていたのですが、実際急いでスタートしなければいけない状況でテスト中にセルを回しても大丈夫なことに気づいてしまいました。
ABSのテストでは色々見ているようですが、問題になりそうなのはバッテリー電圧の確認。セルを回せば当然電圧は下がるのでNGになる可能性は有ります。
但しバッテリー電圧はテスト終了後にセルを回した場合でも規定値以下に下がればダメな事はかわりません。
ということで今のところ気にせずにやっている次第です。(保証はしません・・・)
まあ、ヘッドライトのスイッチを付ければ良いのかもしれませんが、実はABSのセルフテストでも結構な電気が使われているのでは?と考えていたりもします。

投稿: はるかぱぱ | 2012年2月 3日 (金) 18時01分

はるかパパ様

ありがとうございました。
私のRTはイモビライザーに接続した状態では3日から4日で新品のバッテリーがあがってしまい、原因特定にほっこりしました。その後はトラウマ?
そのようなことですので、大変ありがたい情報となりました。自己責任で利用させて頂きます。

投稿: BUDDY | 2012年2月 3日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリーに優しいエンジンスタート:

« 久しぶりの洗車 | トップページ | シュアラスター ゼロウォーターを使う »