« 妻沼まで走る | トップページ | 幸せの時間 »

ミシュランPilotRoad3 15,000Km

2011年11月13日(日) 146,413Km

6月に換えたミシュランPR3がそろそろ1.5万Kmになります。

20111113i_rt_ftire
↑Fタイヤ現状。写真で見てわかるように部分的にコブのような段減りが発生しています。
前に履いていたメッツラーでも同じような現象が見られましたので、サイプの影響というより車両重量の影響かもしれません。
溝の深さ的には50%程度でしょうか。目標の3万キロ使うにはスレスレ、というペースです。

20111113j_rt_rtire
↑Rタイヤ現状。こちらはまだまだ減っていません。5万キロくらいいけそうな雰囲気ですが・・・。

なんとなくネバっこい印象のメッツラーZ6に比較してサラっとした感じのミシュランですが、グリップ自体決して劣るわけではありません。
新品のころは濡れたマンホールでもグリップするように感じられましたが、今はそれほどでもなくマンホールではやはり滑るので要注意です。(笑)
一方水膜の張った路面を切り裂くように走る時の安心感は一級品で、これだけでもこのタイヤを選ぶ価値があると思います。

寿命の最後までスムーズさが失われなかったPilotRoad2に比較すると、このPilotRoad3はなんとなくゴロゴロしてきてしまいましたが、それでもメッツラーZ6よりはマシかな、というレベルです。

耐久性も並み以上のこのタイヤ。お勧めのツーリングタイヤです。
あとは3万キロまで持つか、という点が個人的な興味です。

【関連記事】
タイヤ交換 - ミシュランPilotRoad3を履く 2011.06.12

|

« 妻沼まで走る | トップページ | 幸せの時間 »

コメント

ご無沙汰しております。

PR3ですが、1.5万Km走行で半分程度の磨耗。タイヤ本来の性能もあるかもしれませんが、はるかぱぱさんのスムーズなタイヤに負担をかけないライディングスキルが要因のような気がします(笑)
さて、ミシュランの話題から外れて申しわけありませんが、以前使用されていたメッツラーZ6INTERACTとZ6(Z6のみの銘柄) は別のタイプでしょうか。そうだとしたら、普通にツーリングに使用するとした場合(WET路面考慮なしと仮定して)メリット・デメリットをご教授頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

投稿: いじり系おやじ | 2011年11月14日 (月) 07時11分

いじり系おやじ さま こんにちは。
記事中の"メッツラーZ6"はZ6インタラクトの事です。省略表記でごめんなさい。
ちなみにタイヤが減らないのはライディングスキルなんてかっこいいものではなく、単にヘタレた走り方(平均速度の遅さ)に起因しているものと思われます。
ちなみに私個人の持論としては、タイヤ(と女房)は新しい方が良い、というふうに考えています。(それを言うなら畳、ですか・・・)
モデルとしても製造時期としても古いタイヤが新しいに勝る、ということはほとんどないと思います。
Z6とZ6インタラクトであればインタ・・のほうが価格以外で負ける点は無いのではないでしょうか。
例外的にミシュランのPR2はPR3よりも明らかにスムーズさで勝っていると思いますが、これも総合的に見ればやはりPR3のほうが良いタイヤだと思います。

投稿: はるかぱぱ | 2011年11月18日 (金) 12時19分

ありがとうございます。

>タイヤ(と女房)は新しい方が良い…
おっしゃる通りでございます。私におきましてはカミさんの前では口が裂けても…ですが(笑)
実は某オクで前後SET25千円のZ6に目が眩んでしまってご教授させて頂いた次第でした。

投稿: いじり系おやじ | 2011年11月19日 (土) 09時52分

いじり系おやじさま

そういう選択肢を考えると自分でタイヤ交換できる必要がありますね。
年に1回弱の作業のためにビートブレイカーやタイヤバランサーを用意する(というか収納場所の確保する)のに躊躇して未だタイヤだけはショップ任せです。
いじり系おやじさまはご自分で交換派ですか?

投稿: はるかぱぱ | 2011年11月19日 (土) 19時34分

私の場合は、ほとんどセルフメンテです。『覗いてみるか!』ならば…お待ちしております。

セルフメンテとは聞こえがいいですが、実際は正規Dさんへ出せる程、経済力を持ち合わせていないだけの話でした(涙)

投稿: iいじり系おやじ | 2011年11月20日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシュランPilotRoad3 15,000Km:

« 妻沼まで走る | トップページ | 幸せの時間 »