« パラレバー周りの異音 | トップページ | テーパーローラーベアリング交換準備 »

パニアケースの仕上げ

2011年10月1日(土) 142,308Km

予定通り先週塗り直したパニアケースとトップケースの蓋の仕上げを行いました。

2液性のウレタン塗料は1時間もすると触れるくらいに乾きますが、完全硬化するまでには数日かかるので、ポリッシャーで磨くなら1週間程度置く必要があります。

20111001c_rt_bufrex
↑磨きの下地にはバフレックスを使います。バフレックスは削れ過ぎない極薄サンドペーパーで、専用硬質スポンジのセットに貼り付けて使います。

20111001d_rt_sanding
↑一皮剥いたところ。

20111001e_rt_polish
↑こちらはトップケース。左側だけポリッシャーで磨き始めています。

20111001f_rt_finish
↑磨き終わりの図。仕上がりは"極上"ではありませんが、タッチアップペンの修正よりはかなりマシになりました。
塗装ブースが無い素人ペイントでは、外気の湿度や埃に直接的に影響を受けます。
せめてもう少し湿度が低い季節であれば良い仕上がりになるのでは、と思います。

ちなみにこの後トップケースのBMWマークは強力両面テープで貼り付けましたが、パニアケースの蓋についているあのBMWマークと"Touring"のエンブレムがあると洗車の時に磨きにくいので、貼らずにそのままにしています。

【関連記事】
パニアケース蓋の傷をごまかす  2011年9月23日(金) 141,645Km
パニアケースの蓋の傷を、もう少しまともに直す 2011年9月25日(日) 141,649Km

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« パラレバー周りの異音 | トップページ | テーパーローラーベアリング交換準備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パニアケースの仕上げ:

« パラレバー周りの異音 | トップページ | テーパーローラーベアリング交換準備 »