« PAIR SLOPE MG-6 の寿命 | トップページ | スピードメーターケーブルの交換(2回目) »

メーター照明の不具合

2011年9月5日(月) 139、505Km

このところ故障が無くて快調の海王。
ところが今日帰りにふと見ると、タコメーターの右半分のバックライトが消えて暗くなっています。
最近ブログネタが無くて困っていたところですが、久々に来ました!

欧州車の例に漏れず、球切れの多かった海王のメーター照明はだいぶ前にLED化してあります。
ということで球切れは無し。
メーター照明が消えた原因は、LEDが振動でソケットから抜け出るためと考えられます。実際1年前に同じ現象を経験していて、その時もまさに外れかかったLEDをしっかり差し込んだら直りました。

【関連記事】
メーター照明LED化 その後  2010年8月24日(火) 99,300Km

何もそんなに修理を急がなくても走行に支障は無いのですが、接触が微妙なのか、ちらちらとフラッシングしてとても目障りです。
今日は少し早く帰れたので、ちょっとカウルを剥ぐってなおしてあげる事にしました。

アクセスの為に取り外すのはメーター周りのフェアリング。外し方は↑のページに詳しいのでそちらを参照願います。本日は超特急で作業して30分ほどで取り外しを完了しました。

前回の不具合からちょうど1年。やはりソケットが少しゆるいようなので今回は瞬間接着剤でくっつけてしまいます。

20110905c_rt_led
↑これはスピードメーター側。赤四角の部分でLEDとソケットを瞬着で接着しました。

20110905d_rt_light
↑点灯試験はもちろんOK

ということで、あとはサクサク復旧です。
※実際はついでにスピードメーターケーブルの交換もしたのですが、それは別記事にまとめます。

大急ぎで復旧、手を洗ってからテストランに出かけました。
修理して直るとうれしいね、なんて自己満足に浸りながら走っていると、3分ほどでタコメーターの左半分が・・・・

20110905g_rt_meter_139505

再発です。どうも今回は別の原因だったようです。
1日の疲れがドドっと押し寄せる中、なんとか家まで辿りついて今日の作業はここまでとしました。

考えられる原因は

  1. LEDの破損(内部断線)
  2. メーター照明用電線の不具合

でしょうか。
帰宅後エンジンOffで手の入る範囲で電線をシェイキングしてみたところ、確かに反応があるようです。
エンジンOffなのでLEDへの振動はほとんどない状態。ということは原因1.は可能性小。どこか電線が傷んでいるのかもしれません。

週末に時間を取って点検してみたいと思いますが、それまで目障りなメーター照明を何とかしなければ、です・・・。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« PAIR SLOPE MG-6 の寿命 | トップページ | スピードメーターケーブルの交換(2回目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メーター照明の不具合:

« PAIR SLOPE MG-6 の寿命 | トップページ | スピードメーターケーブルの交換(2回目) »