« Oetiker ステップレスイヤークランプ 取り扱い上の注意 | トップページ | パニアケースの仕上げ »

パラレバー周りの異音

2011年10月28日(水) 141,970Km

最近、リアの下回りからの異音が気になるようになりました。

最初はパラレバー下のトルクロッド取り付け部あたりかとも思ったのですが、どうもファイナルドライブギア(通称デフ)との結合部に付けられたテーパーローラーベアリングが怪しいようです。

状況は

  1. リアサスの上下に伴って音がする
  2. エンジンOn/Offに関わらず音は出る
  3. 音の種類はギッギッという感じ。それほど大きな音ではありません。
  4. ギアが入っていても、ニュートラでも同じ、クラッチでも変化なしです。
  5. リアサスの堅さを調整してみましたが、音に変化はありません。(堅さは変りまし
    た)
  6. ファイナルギアのオイル銘柄をBP化学合成からモチュール・モリブデン入りに戻してみましたが音に変化はありません。
  7. 音はギアが冷たいときは出にくく、温まると顕著のような感じです。1時間程度走った後に、ゆっくり段差を越えたりすると"ギコッ"と後ろから聞こえます。

温まると顕著、という点から、トルクロッドは候補から外し、オイル交換でまったく変化が無いことから、ファイナルギア内部(オイルに浸っている部分)も違いそうです。
車両の上下動で摺動する部分で、走ると温まる部分、となると、リアサス本体かパラレバーのベアリングが一番怪しいということになります。

音の感じからリアサスよりもテーパーローラーベアリングが怪しいので、まずはこちらから手を打ってみる予定です。
作業には大きなヘックスレンチ(12mm)やボックス(30mm?)、160Nmを計れるトルクレンチが必要そうです。
それ以外にもヒートガンや非接触色温度計もあると良いのですが・・・。

ともあれ、いずれ来るであろうクラッチ板交換の予行演習として、ファイナルドライブギアの脱着にトライしてみる予定です。

20110928a_rt_finalgear
↑赤丸部内部にTaper roller bearingがあります。オイルには浸っていない部分です。

20110928b_rt_gearoil
↑試しにオイルを換えてみましたが・・・・変化なし

20110928c_rt_meter_141978

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« Oetiker ステップレスイヤークランプ 取り扱い上の注意 | トップページ | パニアケースの仕上げ »

コメント

はるかぱぱさん、おはようございます。
とうとうリアデフばらしに挑戦ですか、すごいですね。
記事、楽しみにしています。

Kachi//

投稿: Kachi | 2011年9月30日 (金) 07時51分

Kachiさま

こんにちは。今回はデフをバラさずに、パラレバーにデフを接続している部分のベアリングを交換する予定です。
一応デフをバラす7mmのヘックスは用意したのですが、パーツは買いませんでした。
ベアリングさえうまく外れてくれれば、それほど大掛かりな作業にはならないはずなのですが・・・・。

投稿: はるかぱぱ | 2011年10月 3日 (月) 08時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パラレバー周りの異音:

« Oetiker ステップレスイヤークランプ 取り扱い上の注意 | トップページ | パニアケースの仕上げ »