« 予備部品を個人輸入 | トップページ | タンデムステップのピン取り付け »

トップケースを塗る

2011年8月9日(火) 137,150Km

夏休みの宿題にしていた、トップケースなどのボディ同色化。
今回はトップケースの蓋、パニアケース薄蓋、右側ミラーを同時にペイントすることにします。

20110810b_rt_before
↑作業前のトップケース。黒のままも悪くないですが、傷も目立ってきたのでお化粧直しです。

20110810c_rt_screw
↑蓋を固定するネジはゴムのシールをめくると 出てきます。左右で4本取り外すと蓋が外れます。

20110810d_rt_emblem
↑エンブレムも外します。マイナスのドライバーで慎重にコジってとりましたが、粘着力はそれほどでもありませんでした。

20110810e_rt_sander
↑梨地の表面をサンダーで平らにします。炎天下ということもあって結構大変でした。サンダー無しの手作業はオススメできません・・・。

20110810f_rt_sanding
↑サンダーは#320まで。あとは耐水ペーパー#800で仕上げます。まあ、これくらいでよいでしょう。(というか疲れたのでおしまいにする)

20110810g_rt_mirror
↑ミラーも分解します。ここでは手持ちのミラーを全部(右2個、左1)分解していますが、状態を確認して結局右1個だけを塗ることにしました。

写真には無いですが、パニアケースの蓋(プリウスの紺色でペイント済み)も取り外してサンディング。以下同様の作業を行います。

20110810h_rt_bprim
↑ペイントののりを良くする為にプラスティックパーツ用のプライマーをスプレーします。

20110810i_rt_surfacer
↑次はサーフェイサー。下塗りです。

20110810j_rt_topcoat
↑サーフェイサーが乾いたら#1500で軽く水砥ぎした後に色を吹きます。
バイアリッツブルー Code847は近所のカーコンビニ倶楽部で調合して分けてもらいました。

20110810k_rt_painted
↑最後にクリアのウレタントップコートを吹いてペイントは出来上がり。

20110810l_rt_kumitate
↑ある程度乾燥したところで組み立てて明日の通勤に備えます。
右ミラーは予備があるのでそれを使いますが、パニアケースとトップケースは仮組みして使います。

20110810m_rt_odaiba
↑お台場の朝日を浴びる海王。
色合いはまずまず揃っているようです。今回調合してもらったペイントは300cc。実際は100cc位あまったので200ccでよかったようです。
サーフェイサやウレタンのクリアはホームセンターのスプレー缶です。

ということで色塗りまで終了。
1週間くらいしてウレタンペイントが完全硬化したところでポリッシャーで磨きを入れたいと思います。

【関連記事】
 パニアケースの塗装 2009年1月11日(日) 40,050Km
  パニアケースの塗装【仕上げ】 2009年1月18日(日) 40,700Km
 ミラーを塗る 2010年1月24日(日) 78,200Km
 ミラー塗装の仕上げ 2010年1月31日(日) 78,850Km

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« 予備部品を個人輸入 | トップページ | タンデムステップのピン取り付け »

コメント

表題とは違いますが・・・

盆休みに入り、念願のケンドルオイルへ交換しました。

試乗してみての感想です。
トルクバンドが上下に500回転ほど広がった様に感じました。もちろん、上への回転はスムーズに回ります。アイドルング時も、穏やかに回るエンジンです。まあ、はるかパパさんのご意見通り、普通と言えば普通です。

交換前の、BM純正オイルは2,500Km程度の使用でしたが、この時期でもあり、少しくたびれていましたので、逆に良い印象を得たのかもしてません。明日から、少しづつ観察を続けたいと思います。

投稿: yoshi | 2011年8月13日 (土) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップケースを塗る:

« 予備部品を個人輸入 | トップページ | タンデムステップのピン取り付け »