« プリズムシールドとバリアスコート | トップページ | サイドスタンドの下駄 手直し »

"おかわり"が美味しいKendall

2011年7月29日(金) 136,281Km

久しぶりのブログ更新となります。最近は仕事が忙しくて時間が無いうえに、海王が壊れないのでネタ無し、ということで更新が滞ります・・・・。

2サイクル目のケンドルも交換から2500Kmになりました。
毎朝オイルレベルは確認するようにしているのですが、そろそろサイトゲージの下限まで減ってきました。

オイルの入れすぎは良いことが無いので、サイトゲージに見えるうちは補充はしないようにしています。
今朝はとうとう下限を下回っていたので200ccちょっと補充しました。
おそらく冷間時でサイドゲージ真ん中程度になると思います。

ご存知の通り、BMW Rシリーズのエンジンオイルレベルは、エンジン下部左方にある覗き窓(サイトゲージ)で確認しますが、この窓で確認するオイル量は、時によって増えたり減ったりするように感じることがあります。
どうもエンジンを停止したり、オイルを補充したりした時、オイルが落ちきるにはだいぶ時間が掛かる事と、オイルの温度の影響を受けるので、エンジン(オイル)が暖かい時はオイルが膨張する為のようです。

BMWの指定では冷間時にサートゲージ内、ということですが、はるかぱぱの場合は、入れすぎないようにいつも半分か、そのちょっと上程度に調整しています。

ということでちょっとだけ新油を追加してもらった海王はとても快調です。
前回の交換以降補充するのはこれで2回目ですが、不思議なことにこのケンドルは補充後のフィーリングがとても好転します。
粘度か何かの影響でしょうか・・・・?。

海王with Kendallは、相変わらず外気温が30℃を超え、RIDの油温は目盛り6と7を行ったり来たり、という都内走行で、へたることもぐずることも無く走ってくれています。

【関連記事】
そしてオイル交換 - ケンドル2回目 2011年7月2日(土) 133,843Km

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« プリズムシールドとバリアスコート | トップページ | サイドスタンドの下駄 手直し »

コメント

久しぶりの、オイルレポートありがとうございます。

十分に合格点がでていますね。

補充後のフィーリングが改善する理由は、なになんでしょうね???

もうすぐ、純正オイルからケンドルへ移行予定です。

投稿: yoshi | 2011年7月29日 (金) 21時50分

yoshi さま こんにちは。

ケンドルの熱に対する強さには少し驚かされています。
あまり褒めると関係者かと思われそうでブログでは控え目に書いていますが、お勧めですよ。

投稿: はるかぱぱ | 2011年7月29日 (金) 22時59分

こんにちは。
ケンドル、この様子ですと、オイル交換せずに継ぎ足し継ぎ足しで2サイクルオイルのような運用ができてしまいそうな気がしてしまいますね(笑)。
私もそろそろ自分でオイル交換を始めようと思っているので、オイルの記事は何を選ぶかの参考にさせていただいていて、大変感謝しています。

Kachi//

投稿: Kachi | 2011年7月31日 (日) 10時30分

Kachiさま こんにちは。

参考、になるかどうか・・・。お恥ずかしい。

投稿: はるかぱぱ | 2011年7月31日 (日) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "おかわり"が美味しいKendall:

« プリズムシールドとバリアスコート | トップページ | サイドスタンドの下駄 手直し »