« そしてオイル交換 - ケンドル2回目 | トップページ | ミシュラン PilotRoad3 3000Km »

ETCマイレージサービスについて

2011年7月7日(木) 134,331Km

2010年4月に「6月から高速道路の上限料金制度を試行するのにあわせ、自動料金収受システム(ETC)搭載車を対象に通行料金に応じたポイントを与えている"マイレージサービス"を廃止する」と発表されました。

その後震災の影響もあり上限料金制度の導入自体がなくなりましたのでマイレージサービスも継続中、という具合です。

そもそも「上限料金制」と「ポイントサービス」は全然別のものでは、と思いますが、今の民主党の乱れ具合を見ていると、そういった理屈が通用するとは思えません。いつ無くなっても不思議じゃないです。

ETCマイレージサービスというのは、ETC利用料金毎にポイントが付与されて、規定のポイントに達すると無料通行分として還元される、というものです。
道路によって違いますが、おおよそ50円につき1ポイント付与されて、最大1000ポイントで8000円分の無料通行分が還元されます。
5万円の使用で8000円ですから最大16%の還元率。結構お得ですが、ハイウェイカードを廃止するとき、同じ還元率のポイントサービスを始めた、という感じでしょうか。
ちなみにポイントの有効期限は次年度末まで(最大2年)で、こちらはハイカよりもサービス低下です。

さて、マイレージサービスがなくなる時に取得済みポイントがどうなるかは未だわかりません。
ハイカ廃止のときと同様に"暫くの猶予期間は還元可能"、というスタイルが予想されますが、前払いのハイカと違って、ポイント加算がなくなったマイレージサービスは終了時点で保有しているポイントで還元率が決まってしまいます。現在のルールでは1000ポイントに達していない場合の還元率は著しく低いのです。(100ポイントで200円=4%)

1000ポイントになったら自動還元される設定にしてからほったらかしにしてあったはるかぱぱのマイレージサービスを確認してみたところ、現在のポイントは794。
これは何としても1000ポイントまで貯めるしかないですね。
あとおよそ200ポイント。毎日の通勤で一部高速を使って楽をすると450円(9ポイント)。22回の使用で1000ポイント達成です。

450円×22=9900円
結果得られる還元分8000円

1900円で22回楽を出来る、という計算です。

ETCマイレージに限らず、最近各種クレジットカードのポイントサービスも制度変更(改悪)が多く、困ったものです。
愚痴っていてもはじまらないので、自分のことは自分で守りたいと思います。

にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ

|

« そしてオイル交換 - ケンドル2回目 | トップページ | ミシュラン PilotRoad3 3000Km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ETCマイレージサービスについて:

« そしてオイル交換 - ケンドル2回目 | トップページ | ミシュラン PilotRoad3 3000Km »