« 3人用テント | トップページ | 【番外編】娘と2人のキャンプ »

ケンドル 4000Km

2011年6月23日(木) 132,970Km

1万キロ無交換の長持ちオイル、ケンドルを使い始めて1ヶ月ちょっと。4000Kmになりました。

つい先日、夕方の国道6号線を東京から千葉県柏市までノロノロ運転しました。
既に気温は25度を下回っていたと思いますが、ハンドルにつけたカシオ・プロトレックの温度計はエンジンからの熱を感知して33度とかを示しています。
RIDの油温も目盛り6と7を行ったり来たり。(おそらく油温は100℃を大きく超えているはずです)
長い信号待ちなどではエンジンを停止したいところですが、ダラダラと流れていたり、長い右折待ちではそれも出来ず、相変わらず都内の渋滞は手ごわいです。

そんな状況において、エンジンは特に目立った不調を見せることなく仕事をしてくれました。さすがに高温時はオイル粘度が低下した印象がありましたが、その後常温に戻ってからはいつも通りの粘度に回復したようです。

そういった過酷な使い方を続けているせいか、最近は少しバサついたフィーリングが目立つようになってしまいましたが、今朝下限近くまで減っていたオイルを300cc程度補充したところ見違えるようにスムーズになりました。劣化を感じ始める前の状態にほぼ戻った印象です。

非常に主観的ですが、4000Km使用の現状で、オイルはまだ交換時期ではないといえます。
気温の高いこの時期に大排気量空冷エンジンで(100%化学合成でない)鉱物油がこれだけ使えるのは少し驚きです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« 3人用テント | トップページ | 【番外編】娘と2人のキャンプ »

コメント

そうなんですか!!

少し驚きでした。
4,000Kmで劣化→オイル交換をされるのではないかと、予想していました。

300mlの追加で印象が元にもどる、驚きの性能ですね。なんだか、私も交換が楽しみになってきました。今後、どのタイミングで交換とされるのか?レポートを楽しみにしています。宜しくお願い致します。

投稿: yoshi | 2011年6月23日 (木) 21時28分

はじめまして。車のオイル使用レポート興味深く拝見してます(^-^)/私のバイクも空冷625ccと熱的に比較的シビアな条件なので、固めのオイルを使用しています。
普段はSUMIXとか、VERITYとかバイクようの安いもので定評有るものを使用していますが、今度在庫がなくなったら挑戦してみます。また千葉?方面みたいにお見受けしますので、KTMに乗ってるおっさんを見かけた時は、声を掛けて下さい。(識別ふのうか••(^^;;)

投稿: うにばっく | 2011年6月25日 (土) 11時18分

ぼーっとしていて間違えました。空冷ではなく水冷シングルでした。

投稿: うにばっく | 2011年6月25日 (土) 21時05分

うにばっく さま こんにちは。
KTMですか。いいですね。
このブログ、オイルの話が多いのですが、私自身特にオイルフェチって訳ではなくて、気になることを記事にした結果、オイルの話題が多くなってしまっています。
世の中には、オイルに無頓着でいられるエンジンと神経質なエンジンがあるようです。
1150のエンジンは(経験上もっとも神経質だった)スバルレックスと同等以上に厳しいようです。
まあ、モチュールとかを2000Km毎とかに交換すれば何も気にならないかもしれませんが・・・・(笑)

投稿: はるかぱぱ | 2011年6月27日 (月) 11時50分

yoshi さま こんにちは。
300ccで復活!というよりも、①上昇した粘度が元に戻った、または②低下した粘度が元に戻った、ということだと思います。
量が増えて戻った、ということからは②だと思うのですが、確かめる術はありません。
それにしてもこれくらい暑くなってくると頻繁にRIDで目盛り7になるので精神衛生上よくありません。
オイルクーラーの大型化やファン追加などを考えたくなります。

投稿: はるかぱぱ | 2011年6月27日 (月) 11時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケンドル 4000Km:

« 3人用テント | トップページ | 【番外編】娘と2人のキャンプ »