« 高速1000円で周る関東平野 | トップページ | 雨の日が楽しいパイロットロード3 »

ケンドル 3000Km

2011年6月14日(火) 132,028Km

ケンドルオイルは交換後3000Km走行となりました。
現状をかんたんにまとめておきます。

使っているのは、"GT-1 with Liquid Titanium"20w-50.
シビアコンディションでも10,000Kmは使い続けられる、といって売られています。

使用状況は、

  • 1150ccの空冷2気筒エンジン。
    油断すると油温はすぐに100℃を超えます。
  • 平日は毎日片道65Kmの通勤。
    1時間ちょっとの連続運転。
  • たまに高速道路でツーリング。
    4000rpm程度で流します。
  • 長い信号待ちではエンジンストップ。
    油温も心配ですが、マフラー熱でカウルが溶ける、事もあるそうで・・・。
  • 暖機運転はゆっくり走りながら丁寧に。
    エンジンが芯まで温まらないと各部クリアランスが規定値にならずブローバイガスがオイルの劣化を急進させます。

現状は以下の通りです。

  1. エンジン音(振動)からは、まだ明確な劣化は感じられません。
  2. 2000Kmを超えた頃から高回転域で回り渋るような感じが出てきました。
  3. 消費は普通で、3000Kmの間に500ccほど補充しました。
  4. その他燃費等に大きな変化はなし。

という感じです。
このオイル、「粘度が高いのに高回転域が気持ちよい」のが特徴でしたが、その部分は"普通"になってしまいました。
但し先日関東平野1周で高速道路を4時間ほど流したときはとても気持ちよく走れましたので、まだまだ使えそうな印象です。

この季節、この気温での使用、ということで言うと相当頑張っているといえますが、やはり10,000Km無交換!は言い過ぎかもしれませんね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« 高速1000円で周る関東平野 | トップページ | 雨の日が楽しいパイロットロード3 »

コメント

3,000Kmレポートありがとうございました。

通常の使用での、耐久性は十分なのではないでしょうか?

今回のレポートでは、明確な評価はだされていませんが、コストパーフォマンス高なオイルと考えても良いのでしょうか?

今後の、夏期の猛暑での耐久性も考慮に入れる必要はあるでしょうから、オイルレポートを楽しみに待っていますネ (^^)/

私は、走行距離が伸びず・・・いまだに、純正オイルが入ったままです。(~~)

投稿: yoshi | 2011年6月14日 (火) 19時55分

yoshi さま こんにちは。

そうですね。コストパフォーマンスとして考えると、日本のエンジンオイル市場はあまりにボッタクリなので・・・・(笑)。
この調子で5000Kmくらい使えればうれしいのですが、どうなる事やら、まだ少し懐疑的です。

投稿: はるかぱぱ | 2011年6月15日 (水) 20時57分

そうなんですヨー

いままで、オイル値段には驚かされっぱなしでしたから・・・

消耗品で、儲ける商売はいくらでもありますが(インクジェットプリンターのインク等)何とかその呪縛から抜け出したいですよねー!!

純正以外認めない、ディーラーの商魂とメーカーの戦略はしかたないとしても、まともに付き合うと費用がかさみ、手放す事になりかねません。

ユーザーの裾野が狭くなるような、戦略に思えてならないところです。単車は、気に入っているんですけどねー・・・

投稿: yoshi | 2011年6月16日 (木) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケンドル 3000Km:

« 高速1000円で周る関東平野 | トップページ | 雨の日が楽しいパイロットロード3 »