« 高速道路1000円終わる | トップページ | ケンドル 4000Km »

3人用テント

2011年6月22日(水) 132,839Km

雨の日が続きますが、気温が高くて不快な毎日が続きます。
仕事もトラブル続きで気分まで晴れませんが、こういったときは、妄想にふけるのが一番です。

こどもと2人で行くキャンプ、にかこつけて、新しいテントを買う、なんて事を考えてみたりします。

現在使用しているのは、初心者の定番"コールマン ツーリングテント"です。

20110430f_rt_1653_cyatugamine
■サイズ
約210×120×100(h)cm、重量:約3.5kg
■材質:フライ/70Dナイロンリップストップ+75Dポリエステルリップストップ(UVPRO、PU防水、シームシール)、インナー/68Dポリエステルタフタ(撥水加工)、フロア/75Dポリエステルタフタ(PU防水、シームシール)、ポール/FRP約直径8.5mm
■耐水圧:約1500mm
■仕様:前室、メッシュドア、ストームガード、ベンチレーション、メッシュポケット
■付属品:耐水キャリーバッグ

出入り口が片側だけにあり通気性が悪いと評判のモデルですが、一人で使う分にはそれほど苦にはなりません。
設営も慣れればかんたんですし、何より巨大な前室は色々便利に使えます。

ところが、先日第1弾で息子と2人で泊まったときには、まだ気温もそれほど高くなかったのですが少し寝苦しく感じました。
広さ的にはそれほど不満は無いのですが、8歳児の発する熱は相当のもののようです。

ということで、予算のあても無く次期メインテント候補を探してみました。

  1. ダンロップ R325

    M_r325

    Dunlop_r335_spec
    ■サイズ
    設営サイズ
    間口150×奥行き210×高さ115cm
    収納サイズ R125/縦23×横41×高さ14cm
    縦23×横43×高さ16cm
    ■重 量
    2.47kg ※重量表記はインナーテント+ポールです。
    ■素 材
    インナーテント/40Dナイロンリップ(通気撥水加工)
    グランドシート/70Dナイロンタフタ(ポリウレタン防水加工)
    フライシート/40Dナイロンリップ(ポリウレタン防水加工)
    ポール/A7001Sジュラルミン
    ■カラー グレー/ベージュ、グレー/オレンジ
    ■付属品 収納袋、ペグ、張り網

  2. 小川キャンパル ミルフォード23 

    P01

    Ogawasize

    ■収納サイズ
    47×φ20cm
    ■重 量
    幕体:約2.3kg、
    ポール:約0.7kg
    ■素 材
    フライ:ポリエステル75d(耐水圧1,500mm)
    内幕:ポリエステル
    グランドシート:ポリエステル75d(耐水圧1,500mm)
    ポール:7001アルミ合金
    ■カラー/ブラウン×サンド×レッド
    ■付属品/ピン、張綱、金づち、収納袋
  3. モンベル ムーンライト3型

    M_c_1122288_gn

    Info_1122288
    ■重量
    本体重量3.6kg(3.8kg)※( )内はペグ、スタッフバッグを含む総重量です。
    ■素材
    テント本体:70デニール・ナイロン・リップストップ(通気撥水加工)
    フライシート:75デニール・ポリエステル・タフタ(耐水圧1,500mmウレタン・コーティング)
    グラウンドシート:1・2・3型:70デニール・ナイロン(耐水圧2,000mmウレタン・コーティング)
    ポール:7001アルミ合金(アルマイト酸化皮膜加工)
    ■構成
    テント本体1、フライシート1、フレーム1本、ペグ10本
    ■カラー
    グリーン(GN)/ アイボリー(IV)

どれも3人用で、前後両面の出入り口がメッシュ化できるものです。
本当はもっと軽いモデル(ゴアテックスの奴とか)が良いのですが、1Kgの軽量化に2万円以上の投資が必要ですし、軽量テント=登山用、という図式から、通気性能が"地上用"に比較して弱いようにも思えます。

ダンロップと小川は双子のように似ていますが、モデルチェンジで出入り口が小さくなってしまったダンロップに比較して小川は大きなメッシュ面積を持っています。
そのかわり小川は少し重め。背負って移動、ということは極短距離ですが、満載時のバイクの取り回しを考えると荷物は軽いほうが良いです。
モンベルはこれも定番ですが、かなり大きい(そして重い)3型にしても、室内はそれほど広くなく、ムーンライトを買うなら1型か2型のほうが良さげです。

とりあえずWILD1にでも行って実物を見てみたいと思います。
カタログスペックだけではわからない細部のつくりや質感のほうが大切だと思うからです。

雨が上がれば今度の週末にHARUKAとキャンプの約束をしているのですが、そこで

(1) 暑くて寝れなかった、とHARUKAに言わす
(2) 今のテントは通気性が悪いからねえ、そろそろテントも買い換えようか、とパパが言う
(3) いくらすんの?とママが聞く  (←女性が値段の話をすれば、もう買ったも同然)
(4) ○○○で特売やってたかな、なんて適当な事をパパが言う
(5) 早く買って、とHARUKAが言う ・・・・

妄想は続きますが、そうなれば早くモデルを決めないと、ですね(笑)

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« 高速道路1000円終わる | トップページ | ケンドル 4000Km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3人用テント:

« 高速道路1000円終わる | トップページ | ケンドル 4000Km »