« タイヤ 次期候補 | トップページ | キャンプ用品・増配備 »

定例ギアオイル交換(X9140S)

2011年5月20日(金) 129,596Km

1万キロ毎の定例ギアオイル交換を行いました。

メーカー指定では2万キロ毎なのですが、結構劣化が激しいようですし、トランスミッションにしてあげられることはオイル交換くらいしかないので、はるかぱぱは早めの交換をするようにしています。

20110520a_rt_final01
↑まずはファイナルギアのフィルポートを開けます。
※ドレンしてからフィルポートが開かない、なんてことになるとシャレになりません。

20110520b_rt_final02
↑ドレンポートを開けるとオイルが出てきます。

20110520c_rt_final03
↑前々回までモリブデン入りのモチュール(真っ黒)を使っていたので、今回も落ちてくるオイルは真っ黒です。

20110520d_rt_gear01
↑同様にトランスミッションオイルもフィルポートを開けた後にドレンを行います。
ホームセンターで切り売りしているゴムホースをあてがって、アーレンで緩めます。
ホースを押し当てる手を緩めてしまうと、オイルがマフラーのほうに伝ってしまうので気を抜かずに作業します。
※ということでこの写真はドレン終了後にドレンポートを締めた後で撮ったヤラセ写真です。

20110520e_rt_gear02
↑入れるオイルは前回と同じ、BPのX9140S。100%化学合成油で粘度は80w-140。

20110520f_rt_gear03
↑油差しで吸って量を測りながら入れます。
写真は無いですが、もちろんファイナル側も入れて、フィルポートを締めたら出来上がりです。

ちなみにこのBPのX9140S。硬すぎるかと心配でしたが全くそんなことなく大変良い印象です。
今まで使った4種類の中では一番合っていると思います。

【関連記事】
新しいギアオイル  2011年2月2日(水) 117,752Km

ギアオイル交換 2011年2月25日(金) 119,812Km

20110520h_rt_fusha
↑最後にテストランでちょっとオランダまで(嘘)
かなり気温が上がりましたが、ケンドルのエンジンオイル、BPのギアオイルともシャバシャバになることなくネッチリとエンジン/ギアを保護してくれているようです。
先日の同調の効果もあり、ますます絶好調の海王に思わずニヤニヤしながら走ってしまいました。

20110520j_rt_fwd 20110520i_rt_aft_2
↑ちなみにBMWのラゲッジロール2固定用のストラップはこうやってつけっぱなしです。
こうしておくと、ちょっと大きなものを買いに行く時なんかにバッグを簡単に取り付けて出発できます。

20110520g_rt_meter_129596

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« タイヤ 次期候補 | トップページ | キャンプ用品・増配備 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 定例ギアオイル交換(X9140S):

« タイヤ 次期候補 | トップページ | キャンプ用品・増配備 »