« 【ツーリング】山陰を周る・3日目 | トップページ | ホンダとBMW、それぞれの12万キロ »

積載量増加計画 - BMW ラゲッジロール2

2011年5月5日(木) 128,109Km

先の山陰ツーリングで御紹介した通り、BMW純正のカッコ悪い防水バッグ"ラゲッジロール2"を購入しました。

今回のツーリングは悪天候が予想される為に、防水性の高い収納を考えたいところです。今まで検討してきた結果は

  • よくある防水ドラムバッグ
    リアシート上への固定がイマイチ不安定。値段は5000円程度。
    中身が少ない時に型崩れする。
  • バイク専用のシートバッグ
    防水のものは皆無。
    レインカバーは面倒で嫌。
    値段は15000円~20000円程度。
  • 防水バッグメーカーのダッフルバッグ系
    パシフィックアウトドア等のエクスペディションダッフル。
    バイクへの固定は何とかなりそうですが、荷物が少ない時の型崩れ有。
    17000円程度。
  • BMWラゲッジロール2
    ラゲッジロールから"2"に進化した時に底部にフォームが追加されて型崩れしなくなったようです。銀色の見た目はともあれ、値段が高価(定価21000円)なのが問題。

ラゲッジロール2は、海外のサイトでも通販しているようで、安いところでは12000円程度で入手可能のようです。
本当はそういったところから個人輸入、というのがネタ的にも良かったのですが、直前まで仕事が忙しく、用意を始めたのが前日、という泥縄式。
仕方ないのでモトラッド京葉さんに問い合わせたところ、なぜかセール中で16,000円で買うことができました。
これなら送料込みの個人輸入と大きな差はありませんし、実物を確認して買えるので安心です。

  1. 第一印象
    さて、そのラゲッジロール2ですが、一言で言って
    デカイ!
    です。
    テント、ブルーシート、3号シュラフ、着替え等のキャンプ用品もろもろを入れてもまだ余裕。あまり詰めると重くなりすぎそうなので控えたほどです。
  2. 20110505a_rt_roll01
    ↑購入当日(ツーリング前夜)に行ったフィットチェック。けっこう大きいでしょ。
    中身が空にちかいのに型崩れしていない点に注目!

  3. 取りつけ
    固定はプラファスナーが付いたベルトが長中短3種類×4本が付属。
    前部はサイドのブラックカバーを開けてフレームに長いベルトを、後部はキャリアに短いベルトを掛けて留めて大変しっかり固定できました。
    取りつけた状態でも、トップケースの蓋はちゃんと開くことができます。
    20110505b_rt_roll02_2
    ↑赤丸部で固定します。ファスナー部で簡単に外せるので、キャンプ場ではそのままテント内に持ち込めます。
    特に補強のゴムバンド等は使う必要がなさそうです。
  4. 取り付け後の車幅
    薄蓋仕様のパニアケースよりも少し幅が狭い程度(幅60cm)。
    パニアの蓋を標準に戻すとすり抜けがしづらくなりますが、これなら車幅は変わらず影響はありません。
    20110505q_rt_roll05
    ↑後ろから見るとこんな感じ。
  5. 装着時の乗車姿勢
    高速道路ではふんぞり返って乗ることも可能。
    前後方向の移動の自由も確保されているので、姿勢が変えられずに疲れる、なんてこともありませんでした。
    但し(パニアやトップケースを含めて)これだけの荷物を載せると重量は相当なものです。
    低速での取りまわすには少し気を使わされるうえに、乗り降りの時は高く脚をあげるか、サイドスタンドを使って"女乗り"しなければいけません。
    20110505c_rt_roll03
    ↑はるかぱぱの場合、シートの窮屈さは全くありません。背中に当たる部分に軟らかめのもの(シュラフやテント等)をパッキングしたのでちょうどよい感じにバッグレストになります。
  6. 防水性能
    防水性能は文句なし。
    強風の雷雨の中、5時間以上高速で走っても漏水は一切なし。
    水の中にでも落とさない限り大丈夫だと思います。
  7. 使いやすさ、耐久性
    これだけの大きさでしっかりした作りにも関わらずバッグ自体は軽量なのも助かります。
    内部に仕切りは無く、物をバンバン入れていくことができます。色々仕切られている(ポケットの類が多い)バイク専用のツーリングバッグの方が便利と感じるかは使い方次第でしょう。
    一応上部に濡れたもの入れておけるメッシュのポケットはありますが、合羽を入れておくにはサイズが小さすぎます。
    防水性能と引き換えに防水ジッパーはとても堅いです。
  8. 付属のファスナーのプラスティックの耐久性が少し心配ですが、バッグ自体は相当長く使えるモノだと思います。

総じて良い買い物だったと思います。

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« 【ツーリング】山陰を周る・3日目 | トップページ | ホンダとBMW、それぞれの12万キロ »

コメント

はるかぱぱさま

詳細なご説明ありがとうございます。大変参考になりました。価格を知った時は正直『ドキッ』としましたが(笑)内容量、積載性能等から総合的に見ると妥当な価格設定ですね。ましてやセール中の価格で購入されたそうで、良いお買い物をされて羨ましい限りです。
>但し(パニアやトップケースを含めて)これだけの荷物を載せると重量は相当なものです。
私もトップケース(52L)左右システムコンパートメント※(標準リッド&左側アップマフラー仕様)に結構なキャンプアイテム詰め込みますので、取り回しには神経使います。そして、極低速のオーバーステアも(Rrの調整だけでは払拭できない)気にかけています。それ以前にそこまで車載する私自身が一番の要因ですが(涙)※いじり系おやじと致しましては正式名称でオタクぶりを発揮させて頂きました(笑)でも、この名称で呼ぶ方を私は見たことはありません。普通はパニアケースですね。

投稿: いじり系おやじ | 2011年5月 6日 (金) 04時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積載量増加計画 - BMW ラゲッジロール2:

« 【ツーリング】山陰を周る・3日目 | トップページ | ホンダとBMW、それぞれの12万キロ »