« 消耗品いろいろ | トップページ | 大型バイクのUターン »

SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 ---1年

2011年4月14日(木) 124,115Km

SHOEIのフルフェイスヘルメット X-Elevenを買って1年になりました。

それまで使っていたJ-Force2の後継として、既に型遅れのX-Elevenを買ったのが昨年4月14日。

【関連記事】
SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 を買った 2010年4月14日(水) 85,650Km

それからほぼ毎日使って1年が経過しました。
走行距離は3.8万キロを超えたことになります。

四季を通して使用した印象をまとめます。

  1. 安心できるカッチリ感
    ジェットタイプのJ-Force2から久々にフルフェイスに戻って最初に感じたのがこのカッチリ感。守られているって実感できます。
    心配していた重量も被ってしまえば気にならず、長時間のライディングでも首が疲れることもありません。
  2. 満足できる品質
    各部のつくりは丁寧で、ベンチレータやシールド関連のパーツの節度ある操作感はさすがMade in Japanです。シールドの脱着がかんたん確実に出来るのはSHOEIヘルメットに共通した美点です。
    標準の内装帯を使っていますが、雨に濡れても乾きが早く、洗濯のために外すことも簡単です。
    ペイントもしっかりしていて、傷もつきにくく未だヌメッとした艶を放っています。
  3. 雨の日も安心
    買ってすぐにピンロックシールドに変更しました。X-Elevenに適合するのはSHOEIのピンロックとしては1世代前のもので、ピンロックシートがカバーする範囲が少し狭いですが、通常の使用で気になることはほとんどありません。
    ムレムレの夏の雨でもシールドが曇ることはありません。
  4. ベンチレーションはまずまず
    X-Elevenには結構大袈裟なベンチレーションがついていますが、その効きはそれほどでもありません。
    それでも中央にある穴を開けると結構スースーしますから、暑い季節はあけっぱにしています。(止まると全然効果なしですが・・・)

総じて3万円で買った型遅れを新品で買ったX-Eleven。とても満足しています。

20110414a_rt_x11
↑トップケースにはこの向きでないと入りません。つまり2個は入らないということです。

20110414b_rt_kagayama
↑こちら本家の加賀山選手。

|

« 消耗品いろいろ | トップページ | 大型バイクのUターン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 ---1年:

« 消耗品いろいろ | トップページ | 大型バイクのUターン »