« カシオ・プロトレックの移設 | トップページ | SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 ---1年 »

消耗品いろいろ

2011年4月13日(水) 123,986Km

12万キロを超えてから今日までのところ、大きな故障も部品交換もしていません。
備えあれば憂いなし、ではありませんが、お昼休みに消耗品などの状態確認をしてみました。

以下、大物定期交換部品です。括弧内は想定交換インターバル。

  1. タイヤ(3万キロ毎)
    交換後2万キロ+α。本当は3万キロまで使いたいところですが、実際の残り溝の感じからは6000Kmがやっとでしょうか。
    13万キロあたりで交換となりそうです。
    パターンのせいか新品時から微振動が気になるメッツラーですが、磨耗が進んでもそれが大きくなるわけではありません。
    元々グリップ云々という走りをしませんので、だいぶ減ってきたこのタイヤでもそれほど不便や危険を感じることはありません。
    【関連記事】
    タイヤ交換 メッツラー ROADTEC Z6 INTERACT 再び 
    2010年9月25日(土) 103,249Km
  2. Rブレーキパッド(3万キロ毎)
    115,800Km時点で交換したRパッドは8000Kmちょっとになります。
    確認の結果、1/4も減っていない感じです。

    20110413g_rt_rpad
    乗り出した頃には前後連動に甘えてリア中心の操作だったので15,000Km程度の交換サイクルでした。
    最近はフロント中心のブレーキワークにしたため磨耗が遅くなったようです。このペースなら3万キロ程度持ちそうです。
    【関連記事】
    リア ブレーキディスク交換
    2011年1月14日(金) 115,829Km

  3. Fブレーキパッド(6万キロ毎)
    119,825Km時点で交換したFパッド。こちらは5000Km弱。
    元々減りの少ないフロントですが、見た感じ全然減っていません。

    20110413c_rt_f_pad
    Rパッドが持つようになったトレードオフでフロントは減りが進むと思いますが、前回の12万キロ無交換というのがちょっと極端なだけで、6万キロ持てば十分だと思います。
    【関連記事】
    Fブレーキパッド&ディスクの交換
    2011年2月25日(金) 119,812Km

  4. HIDヘッドライト バナー(2年毎)
    昨年1月に装着したトヨタ純正HIDセット。
    暗い田舎道や山岳路では絶大な照度を提供してくれます。
    ハロゲンヘッドライトでいう"球"にあたるバナー。フィラメントのように線はつながっていませんが劣化が進むと色温度が下がり赤みが増して、最後には点灯しなくなるそうです。
    今のところ色調の変化も無く、不具合はありません。

    20110413e_rt_hid
    2本セットで入手したレクサス用の純正D4バナーは、新品がまだ1本残っているのでダメになったら交換する予定です。
    【関連記事】
    HID取り付けの見直し
    2010年2月6日(土) 79,400Km

  5. フロントフォークのシール(8万キロ毎)
    昨年2月(8万Km時点)でオイルリークをおこしたフロントフォーク。今のところ大丈夫です。
    これは距離に伴って劣化するでしょうから、16万キロ頃には再発することを覚悟しておきましょう。まだ先ですね。
    【関連記事】
    テレレバーのフォークシール交換
    2010年2月14日(日) 80,040Km

  6. 前後サスペンション(10万キロ毎)
    オイル漏れを起こしたリアサスと同時にフロントも交換したのが11万キロ時点。
    Royパパさまから譲っていただいた純正品(1万キロ使用)を取り付けました。
    ちなみに交換後もダインピングなどに大きな差は感じませんでした(鈍感?)ので、純正品は(油さえ漏れなければ)10万キロは使える性能を有しているといえます。
    今度も20万キロ頃まで使えると良いのですが・・・。
    【関連記事】
    リアサス交換
    2011年1月8日(土) 114,992Km
  7. バッテリー(2年毎)
    こればかりは目で見て消耗の度合いがわかりません。
    前回は昨年12月(11万キロ時点)で交換しました。
    2年/75000kmの寿命でした。できれば3年/10万キロは持って欲しいところです。
    【関連記事】
    Westcoのバッテリーに交換する
    2010年12月21日(火) 113,594Km
  8. オルタネーターベルト(5万キロ毎)
    7万キロ毎の交換が指定されている発電機用ベルト。
    切れるとバッテリーの電気を使い果たした時点で走行不能となります。
    海王では余裕を見て5万キロ毎の交換をしています。次回は15万キロ時点です。
    【関連記事】
    タペットクリアランス調整とオルタネーターベルト交換
    2010年8月29日(日) 99,770Km

これらに加えて各種オイルやフィルターの交換が必要なのは言うまでもありません。

20110413d_rt_meter_123986

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ←クリックしてポイント加算にご協力を!

|

« カシオ・プロトレックの移設 | トップページ | SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 ---1年 »

コメント

こんばんは、はるかぱぱさん。
タイヤの持ちがすごいですね、僕なんかは1.5万kmがせいぜいです。
12万kmというとクラッチの摩耗はどうですか?
やはり、ご自分で交換をされるんですか?

投稿: masashi | 2011年4月13日 (水) 20時00分

masashi さま こんにちは

タイヤの減りが遅いのは高速道路の使用比率が低い事が影響していると思います。
クラッチはまだ未交換ですが20万キロまでには交換が必要かな、とそろそろ覚悟しています。
自分で交換したいところですが、ツールを揃えるのも大変なので迷っています。

投稿: はるかぱぱ | 2011年4月14日 (木) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消耗品いろいろ:

« カシオ・プロトレックの移設 | トップページ | SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 ---1年 »