« ブレーキフルードの交換とブリードを実施 | トップページ | エコランしているわけではありませんが・・・ »

泣きながらのテストラン

2011年2月27日(日) 119,837Km

予報に反してよく晴れた日曜日。一連のオイル交換及びブレーキ関連作業後のテストランを行いました。

テストランといっても、あまり時間がなかったので、御近所を20Kmほど走っただけです。
交換したオイル類の漏れがない事、ブレーキの違和感、利きなどを確認しました。

何よりうれしい変化はギアオイル。
硬すぎるかと心配したBPのX9140(80w-140)
実際走ってみると、コクリと決まるギアチェンジ、ギアノイズの低減等、とても好印象。悪いところは全くなく、ご機嫌な状態です。
特にアイドリング時にニュートラルにすると気になるようになってきたカラカラという音がかなり小さくなったのがうれしいです。

エンジンオイルはやはりSUMIX GX100よりもシェブロンのほうがRTにはマッチしているようです。
ねっとりとした油膜感で印象はとてもよいです。

ディスク、パッドとも交換したフロントブレーキは、まだあたりがついていませんが、それでも特に嫌な振動や違和感もなく、スムーズな利きをしてしてくれています。
最後に80Km/h程度からの急制動を3回ほど連続で行ってみましたが、特に問題も無く一安心です。

ブレーキフルード関連やオイル交換関連による漏れもなさそうで、今回の作業は問題なく完了したようです。
今晩から雨の予報ですが、明日からまた通勤快速として海王には頑張ってもらいたいと思います。

20110227b_rt_fusha
↑いつもの風車の前で

20110227c_rt_fbrake
↑走行後のフロントブレーキ。いい加減なマスキングで防錆ペイントをスプレーしましたが、パッドが当たるところはきれいに塗料がとれました。
ちなみに防錆ペイントはジンクロの上に耐熱シルバーを塗ってあります。

20110227d_rt_pad
↑フロントブレーキパッド。ロゴはBMWですがブレンボ製。

20110227a_rt_mufler
↑オイル交換のついでに実施することとしたマフラー磨き。今回も(適当に)行いました。チラッと見えるエキパイがさびているとがっかりですからね。

このようにテストランは無事終わりましたが、この天気と風で花粉の飛散量が相当多いようで、フルフェイスの中でくしゃみと涙に咽びながらの走行でした。
今年の春、花粉症のライダーは覚悟しなければ、のようです。

20110227e_rt_meter_119837

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ

|

« ブレーキフルードの交換とブリードを実施 | トップページ | エコランしているわけではありませんが・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泣きながらのテストラン:

« ブレーキフルードの交換とブリードを実施 | トップページ | エコランしているわけではありませんが・・・ »