« リアサスの入手方法 | トップページ | 純正サスのO/H業者を探す »

【番外編】チューブタイヤのパンク修理

2011年1月3日(月)

比較的穏やかなお正月を迎える事ができた関東地方。年末には時間が無くてできなかったパンク修理をしました。

とはいっても、下の子の自転車ですが・・・。

20110103a_rt_punk
↑この通りぺっちゃんこ。前輪なのでムシを変えてみたのですがなおりません。パンクのようです。

20110103b_rt_remove
↑タイヤをリムから外してチューブを取り出します。自転車用は柔らかくて簡単。

20110103c_rt_leak
↑チューブに空気を入れたらバケツの水で穴を探します。見つかりました!
それにしても水が冷たい・・・。

20110103d_rt_sanding
↑サンドペーパーで穴の周りを一皮剥きます。

20110103e_rt_nori
↑ゴムのりを広めに塗布してしばらく放置。

20110103f_rt_patch
↑パッチの裏紙を剥いで貼り付けます。

20110103g_rt_install
↑しっかり押し付けてまたしばらく放置。表面の薄い透明シートもはがします。最後に空気を入れてバケツで再度検査をすれば出来上がりです。

20110103p_rt_fe
↑タイヤの内面をよく確認します。まだパンクの原因物質が残っている事が多いからです。今回はこれが原因のようでした。小さな鉄片です。

あとはリムにチューブを押し込んでタイヤをはめて空気を入れてテストラン。
下の子に近所を2,3周走らせて空気が減らなければおしまいです。

|

« リアサスの入手方法 | トップページ | 純正サスのO/H業者を探す »

コメント

はるかぱぱさま
こんばんは。
Kachiです。

記事とカテゴリ違いの書き込みで申し訳ありません。

本日、14:00頃よりようやく吸気系とセルモーターの整備を実施しました。

結果、吸気系をきれいにしてみましたが、残念ながら低速のぐずりは治らずでした。ひょっとするとOxigen sencerかもしれません。
まだODO 47,000kmくらいであることを考えるとちょっと考えにくいですが、いちどELFさんに相談しようと思います。

セルのほうはどうにか分解清掃を終わりましたが、すっかり日が暮れてしまったため、取り付けは明日に持越しです。
アドバイスいただいた【ベークライトをなくさないように】という意味がよくわかりました。
これを組み直すのに普段使わないような手の筋肉を使ったため、そのあと食事するために箸を使うたびに手がつって往生しました(笑)。
さあ、明日取り付けて無事セルが回りますように。

いろいろありがとうございました。
ちょっと自身がついた気がします。

Kachi
//

投稿: Kachi | 2011年1月 3日 (月) 21時08分

Kachiさま こんにちは

新年早々の整備作業、お疲れ様でした。
スターター分解清掃は無事終わったようで何よりです。
低速のぐずりについては心配ですね。でもKachi さんにはELFさんがついているので羨ましいです。
当方はしばらくリアサス関連のお勉強です。今はサス交換等の段取りを考えているところですが、うまく時間が取れるかどうか・・・・。

投稿: はるかぱぱ | 2011年1月 3日 (月) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【番外編】チューブタイヤのパンク修理:

« リアサスの入手方法 | トップページ | 純正サスのO/H業者を探す »