« ツールボックスの整理 | トップページ | パンク修理(内面方式) »

パンク修理跡からの空気漏れ

2011年1月30日(日) 117,259Km

最近タイヤの空気圧が僅かですが減るようになってしまいました。
かんたんなチェックでは漏れが見つかりませんが、どこかに非常に僅かなリークがあるようです。

今日夜になってから"本気"で調べたところ、やはり昨年末のパンク修理跡からほんの僅かずつ空気が漏れているようです。

20110131a_rt_leak

だいぶ迷いましたが、慎重に再修理を行いましたが結果はほとんど変わらず。漏れは止まりません。

20110131b_rt_repair
↑修理後。既に周りの水分が凍結しています。

都合4本もゴム紐をぶち込んでいますので、きっとこれ以上の修理はショップでも無理でしょう。
一度タイヤを外して内面からの修理を行うか、タイヤ交換を行うか、近日中に決めなければいけないようです。

ちなみに"漏れ"を探すためにつかったシャボン液がタイヤの踏面でバリバリに凍ってしまいました。このままでは恐くて走り出せないので30分近くかけてドライヤーとコンプレッサーで乾かしました。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ
↑ランキング参加中。バナーをポチっとしていただけるとポイント加算されます。

|

« ツールボックスの整理 | トップページ | パンク修理(内面方式) »

コメント

はるかぱぱさま
こんばんは、Kachiです。

パンク修理あとからリークとは、本当に残念ですね。
先日、コメントをいただいた直後にこのようなことになるのはお気の毒としか言いようがありません。
実は、私も先日、ちょっと気が向いて自転車で会社まで向かったところ、半分のところで釘を拾い、あっという間にぺしゃんこになりました。
その後、自転車を押して、1時間かけて会社にたどり着きました。

二輪のタイヤは高くつきますから、何とか治るといいですね。

Kachi
//

投稿: Kachi | 2011年1月30日 (日) 23時59分

Kachiさま こんにちは。

今回は初回の修理での失敗が尾を引いています。
これからは出先での修理はできるだけ避けたいと思います。
とりあえず内面からパッチをあてて直してもらいました。この方式は今回がはじめての経験でしたが、感覚としては外側からのゴム紐方式より遥に安心感がある治し方です。
しばらく様子見したいと思います。

自転車押し1時間!きついですネ。
それにしても2輪の乗り物はどうしてこんなにパンクするのでしょう・・・・

投稿: はるかぱぱ | 2011年1月31日 (月) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンク修理跡からの空気漏れ:

« ツールボックスの整理 | トップページ | パンク修理(内面方式) »