« 新品ブレーキディスク 試走 | トップページ | リア ブレーキディスク その後 »

リアブレーキ リンクへの注油

2011年1月17日(月) 115,915Km

ブレーキディスク交換のテストランを行っていたところ、エンジン再始動でABS警告灯が消えなくなってしまいました。

例の奴です。

例の奴、とは、昨年7月に都内を周っている時に発生したブレーキのトラブル。
ブレーキペダルが戻りきらない為に、ペダル基部のスイッチが押されっぱなしになってしまうものです。

【関連記事】
 
ブレーキが壊れた!(更新済) 2010年7月4日(土) 93,700Km

こうなるとブレーキサーボも常時加圧で、ペダルから足を離してもが「mi-----------」という作動音が鳴り止まず、ブレーキランプも消えません。
そしてエンジン再始動時にはABSのセルフテストがパスしないのでABS警告灯が点滅、ということになります。

とりあえずその場は足でペダルを軽く上方向に押し上げてあげると警告灯は消えました。
帰宅後確認すると、確かにペダルの戻りが悪いようです。(ほんの1mm程度なんですが・・・)
7月と同じようにリンク部にオイル(今回はマシンオイルにしました)をスプレーしてペダルをガチャガチャやったら治りました。

20110117a_rt_manual
↑指定はShellのグリス"Shell Retinax A"。ググってみるとAは無くてCLがありました。リチウム石けん基グリスのようです。

商品名 英語名 商品説明
レチナックス
グリース CL
Shell Retinax
Grease CL
高度に精製した鉱油タイプの基油に極圧添加剤などを添加したリチウム石けん基グリースです。NLGI No.00~0は、バス、トラックなどの集中給脂用として、NLGI No.0~2は油では流れてしまうような箇所の潤滑剤や錆止め剤として使用できます。

前回発生から半年。22,000Km。やはりちゃんと分解清掃しないとダメのようです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログ バイク通勤・バイク通学へ
↑興味があったらお好きなボタンをポチッとしてみてください。

|

« 新品ブレーキディスク 試走 | トップページ | リア ブレーキディスク その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リアブレーキ リンクへの注油:

« 新品ブレーキディスク 試走 | トップページ | リア ブレーキディスク その後 »