« 【冬期対策】オーバーパンツかパッチか、それが問題だ | トップページ | 【冬期対策】防寒グローブ »

寒い時期のオイル消費量

2010年12月9日(木) 112,645Km

今朝、オイルレベルを確認するとサイトゲージのほぼ下限まで減っていました。
その場で300ccほど補充して出発です。

BMW空冷フラットツインは元々結構"オイル食い"なエンジンですが、特に寒い時期は消費量が多くなるようです。

このところはエンジン(とオイル)の暖気方法にだいぶ気を使っているので、だいぶマシになりましたが、それでも2000Kmで500ccほど減った事(250cc/1000Km)になります。
暖かい季節は100~150cc/1000Kmですから、やはり悪化しています。

250cc/1000Kmというコンサンプションレイトが多すぎる、とは思いませんし、減ってくれたほうが新しいオイルを補充できるのでオイルの性能維持には有利、という考え方も有ります。
但し、オイルは上から又は下から(ボクサーの場合は内側から又は外側から、でしょうか・・・)燃焼室に入って燃えているわけで、燃焼室内のカーボン蓄積が心配です。
このエンジン、芯まで温まるには数時間掛かるようですが、少なくともある程度温まった30分以上経過したら回転を高めに維持して低音時に発生したカーボンを焼き切るようにしています。

ところで最近つかっているシェブロン シュプリーム20w-50ですが、とても調子がよく満足しています。交換後2000Km走ってもまだ大きく劣化した感じはありません。
次回交換時期が迫っていますが、既に箱買いしてある(何れもシェブロンの)10w-40にするか、20w-50にするか、迷うところです。

|

« 【冬期対策】オーバーパンツかパッチか、それが問題だ | トップページ | 【冬期対策】防寒グローブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い時期のオイル消費量:

« 【冬期対策】オーバーパンツかパッチか、それが問題だ | トップページ | 【冬期対策】防寒グローブ »