« 【冬期対策】スプレー式タイヤチェーン | トップページ | 【冬期対策】オーバーパンツかパッチか、それが問題だ »

【冬期対策】上半身

2010年12月8日(水) 112,500Km

優れたウィンドプロテクションで、直接の走行風に曝されることはほとんど無い海王ですが、それでも気温が低いときに長時間ライディングをするとじわじわと寒さがしみてきます。

片道65Km、毎朝、毎晩、バイクで移動するはるかぱぱがとっている寒さ対策は以下の通りです。

  1. 普通のインナーウェア
    オフィスに着いたら上着だけ脱いでそのまま仕事ってスタイルなので、普通のTシャツの上にYシャツ。12月以降は薄い毛のカーディガンをきています。
    ヒートテックとかは使っていません。
  2. GWS マルチライダー
    昨年買ったゴールドウィンの防水防寒ジャケット。着た感じがバイクっぽくないところがお気に入りです。
    ゴアテックスのアウターは防水仕様で、今のところ強い雨でも漏水せず、とても助かっています。(冬の雨は準備が面倒ですから)
    光電子+プリマロフト をつかったインナーが優れもので、とても暖かい。ダウンと違って少しくらい濡れても冷たくならないので助かります。
    20091026a_rt_gsm12955
  3. モンベル U.L.ダウンジップジャケット
    気温が0度近くまで下がるときには、マルチライダーの下にULダウンジップを着込みます。
    使わないときは驚くほど小さくして収納できるこのジャケット、着るととてもあったかです。薄手なのでアウターとしてより、ジャケットの内側に着るのが良いようです。
    マルチライダー+ULダウンジップの組み合わせなら、マイナス10℃くらいは楽勝だと思います。
    20081227a_rt_downjacket_2
  4. ネックウォーマー
    色々試しましたが今のところゴールドウィンのゴアウィンドストッパーという製品が最も使いやすいです。残念ながら今のモデルは形が変わってしまったようです。
    輪になったものをかぶるタイプよりも、後ろでマジックテープ、というタイプのほうが融通が効きます。

毎日1時間半のライディング。上半身に関してはこれだけの装備で寒さに凍えることはありません。
ちょっとした雨でもあわてることはありませんし、気重ねしすぎてモコモコになることも無いので出先でも"普通に"していられます。

|

« 【冬期対策】スプレー式タイヤチェーン | トップページ | 【冬期対策】オーバーパンツかパッチか、それが問題だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【冬期対策】上半身:

« 【冬期対策】スプレー式タイヤチェーン | トップページ | 【冬期対策】オーバーパンツかパッチか、それが問題だ »