« 夜のお散歩・・・勝浦リベンジ編 | トップページ | スピードメーターその後 »

寒い朝、スピードメーターの異変

2010年12月28日(火) 114,093Km

今朝、庭の寒暖計は氷点下4℃!
夕べは年賀状を書いたりして遅かったので、今日は高速(道路)出勤です。

昨夜の充電ツーリングが効いたのか、スターターモーターは昨日よりも元気に回ってくれて、海王は普通に目覚めます。

-4℃であっても、着込んでしまえばそれほど寒さを実感することも無く、トコトコと暖気走行を始めます。
高速の入り口まで10分。何とか油温もあがってきたところで高速走行、ここからは海王の本領発揮です。

ところが、今日は少し様子が変です。
前のほうから"ブーン"という小型卓上掃除機のような音がしてきます。最初は隣のトラック?と気にしていませんでしたが、いつまでしても同じ音。
これ、自分の音? 気づくの遅すぎです・・・。

よく見ると、スピードメーターの針も挙動不審。気づいたときには120Kmあたりを指していた(実際の速度は100Km/h弱)のですが、そのうち140、160と上昇。最後は140と220の間を針が行ったりきたり、という有様です。(もちろん実際の速度は100Km弱のまま)

左車線に寄って走行速度を変えてみたりしましたが、ブーンの音の調子は変わらず。メーター指針は下がってきますが、"行ったりきたり"は変わりません。
フロントホイールについているギアか、ケーブルが寒さで凍結したことを疑いましたが、どうもオドメーターはちゃんと動いているようです。ギアやケーブルなら針と一緒にカウンターもおかしくなるはずです。
どうやら問題はメーター内部にあるようです。

結局5分くらい走行を続けると、何事も無かったかのように音は止まり、針も落ち着きました。
おそらく寒さに起因した不具合だと思いますが、どうしたものか。暫く様子を見たいと思います。

20101228a_rt_meter_114093

|

« 夜のお散歩・・・勝浦リベンジ編 | トップページ | スピードメーターその後 »

コメント

はじめまして、私も1150RTに乗っているおやじです。私のもスピードメーター不調です。朝1~2キロ走らないとスピードメーターが動きません。寒さが厳しくなるにつれ、動き出すまでの距離が伸びてきます。距離計は動いていますのでギヤ、ケーブルが原因ではないようです。ドイツ物は当てにならんか?車も同じくBMW318ですが、色々ハラハラさせてくれます。(財布にはイタイ)

投稿: みなパパ | 2010年12月28日 (火) 20時30分

みなパパさま、こんにちは

使用環境の違いなのか、単に品質が低いのか、外国製品には苦労させられることが多いですね。
いまベンツ(w124)もパワーウィンドウ不調で困っています。
ドイツ物が当てにならない、なんて行ったらイタリア物やアメリカ物ユーザーから石が飛んでくるかもしれませんよ(笑)
私の場合、壊れた時は「その部分に詳しくなれて良かった」と、そして直せた時は「その部分が新品になってよかった」と思うようにしています。

投稿: はるかぱぱ | 2010年12月29日 (水) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い朝、スピードメーターの異変:

« 夜のお散歩・・・勝浦リベンジ編 | トップページ | スピードメーターその後 »