« 定例エンジンオイル&ギアオイル交換 | トップページ | 気になるあの人(銀のT-MAX氏) »

ナビを外したときのRAMマウント

2010年11月21日(日) 110,501Km

Nuvi1360用にハンドル基部へRAMマウントを設置、1360用のホルダーも取り付けました。
当初、ナビ不使用時はホルダー/アーム毎取り外す予定でしたが、アームやホルダーが付いたナビは結構ゴロっとしていて邪魔になります。電源コードの始末もあるのでナビだけ外すことにしました。(1360本体は予想以上に薄くて小さいので、鞄などにスルッと入れておけます。)

そうなるとナビを外しているときの"空の"ホルダーが気になります。
そこで今日はちょっと革細工をしてみました。

20101121a_rt_cover
↑つくったのはこれ。黒色サドルレザーで縫い上げました。大きさは1360と同じです。
電源コードの先っちょを入れておけるような"トンネル"を付けました。

20101121b_rt_installed
↑取り付けたところ。コードを通す穴は大きめに開けましたが、通した後は写真のようにスライドして小さな穴のところでコード自体が動かないように保持します。

20101121c_rt_inst2
↑正面から見るとこんな感じ。サドルレザーは雨に濡れても大丈夫です。

20101121d_rt_cap
↑電源コードの収納部に防水対策の為に何かよいものは?と探していたら、SHOEIのヘルメットに付属してきたシリコンオイルのキャップ部(写真手前の白いもの)が丁度良い大きさでした。これを"トンネル"内に仕込んであります。
電源コードにはイグニッションONで12Vが掛かる状態なので、ミニUSBの端子部に雨水が入るとショートしてしまいます。電源設置してからこの「先っちょ」の防水対策が気になっていました。

20101121e_rt_ura
↑裏側から。コルゲートチューブからの出口は上に向かって開口しているのでテープで補強。そこから出たコードはRAMマウントのホルダーに裏側から挿されます。

|

« 定例エンジンオイル&ギアオイル交換 | トップページ | 気になるあの人(銀のT-MAX氏) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナビを外したときのRAMマウント:

« 定例エンジンオイル&ギアオイル交換 | トップページ | 気になるあの人(銀のT-MAX氏) »