« ナビを外したときのRAMマウント | トップページ | Nuvi 1360用 液晶保護フィルム »

気になるあの人(銀のT-MAX氏)

2010年11月22日(月) 110,566Km

毎日同じ時間帯に同じ経路を走っていると、一緒になるバイクもよく見る顔ぶれになります。
そして、それぞれのペースというか速さもわかってきて、一種のヒエラルキー(当然速い=偉い)が出来ている感じです。

はるかぱぱの経路の場合も速い人は沢山いますが、特に気になるのは銀のT-MAX氏です。
そもそも、はるかぱぱ自身は時速70Kmですから・・・ヒエラルキーの底辺近くにいるわけですが、銀のT-MAX氏はその頂点近くに君臨している雰囲気です。

絶対的なスピードも凄いのですが、"いつも速い"ことが驚きで、暑い日、寒い日、晴れの日、雨の日、朝、夜、いつ会ってもすごい勢い手追い越していきます。

ちょっと古い型のT-MAX自体も特徴的で、後輪に扁平な(自動車用のような)タイヤを履いています。あれ、スク-ターでたまに見かけますが、なんていうタイヤですか?
バイクが立っているときはすごくグリップが良さそうですが、バンクすると???。
当然マフラーも換えているようで、快音を響かせながらあっという間に視界から見えないところへ走り去ってしまいます。

見ているほうが怖くなるほどの走り方ですが、だいぶ長い間"お会いしている"ので、事故ることもなく、毎日を過ごされているようです。

彼らにとっては申し訳ありませんが、前方を行く海王号はさぞかし邪魔者だとおもいます。まあ、バイク軍団の中ではヒエラルキーの底辺であっても渋滞するクルマよりは速く走っているわけで、周りをびっくりさせない走りをしたい人もいるわけです。
できるだけじゃまにならないように避けてますが、すり抜けで後ろに引っかかってしまったときにに、
「どけ!邪魔!BM野郎!」
なんて思わないでくださいね。

|

« ナビを外したときのRAMマウント | トップページ | Nuvi 1360用 液晶保護フィルム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 気になるあの人(銀のT-MAX氏):

« ナビを外したときのRAMマウント | トップページ | Nuvi 1360用 液晶保護フィルム »