« 正しい?ワックスの掛け方 | トップページ | GPSのマウントを考える »

Zymol 初めてのハンドワックス

2010年10月3日(日) 103,400Km

日曜日、ほんのちょっとだけ時間が出来たので、やっと届いたザイモールを試してみました。

購入したザイモールはドイツ車用にブレンドされた"Zymol Glasur Glaze Wax"です。
ポルシェ用、とも呼ばれ、

  • Contains 56% Carnauba Wax (100% Yellow by Volume)
  • Specifically Engineered For Porsche Paint Finish
  • Co-Operation with The Porsche Club of America
  • Provides protection that polishes do not
  • Greater protection with increased depth of shine and reflection.
  • No Harsh Chemicals or Abrasives
  • No White Residue or Buildup Along Seams
  • というような特徴を持っています。
    日本での希望小売価格はなんと、18,900円。

    ちなみにこの1994年型W124。新車時からほとんどワックスも掛けられずに使われていたものを引き取ったものです。手元に来たときに全体を軽く磨いてポリラックを塗ってあります。

    20101003b_rt_polishing
    ↑綺麗に洗車したあとでポリッシャーで磨きこみます。マスキングテープがヘロヘロしているのはご愛嬌。

    20101003c_rt_rear
    ↑トランクは左半分だけ施工。その差をしばらく観察します。

    20101003d_rt_wax1 20101003e_rt_wax2_3 20101003f_rt_wax3
    ↑ケースから手にとって手のひらで伸ばします。噂通りココナツの香りが心地よい!

    20101003g_rt_handwax 20101003h_rt_side
    ↑これぞハンドワックス。手のひらで塗り広げます。事前にポリッシャーをかけているので塗装面はツルツル。ワックスは少量でもかなり広い面積に塗り広げる事ができます。
    動画をYoutubeにUpしましょうか・・・

    20101003i_rt_fukitori_2 20101003j_rt_fuki2 20101003k_rt_fuki3
    ↑そして拭き取り。ネル地では拭き取りが難しく、タオル地のほうが綺麗に拭き取れました。拭き取りが進むとすぐに深い艶が出てきてにやけてしまいます。
    手で塗るところと、にやけながら拭き取るところは、できればご近所の奥様には見られないほうが良い場面です。

    20101003l_rt_before 20101003m_rt_after
    ↑左が未施工の右クォーターピラー。右が今回施工した左クォーターピラーピラー。施工終了後に水銀灯のあるスーパーの駐車場まで行って撮影しました。
    施工前の右のピラー(左の写真)、これでも日光の下ではほとんど傷も目立たずきれいなものなんですが・・・。
    施工後の左のピラー(右の写真)は、下地処理であらかたの磨き傷が取れているのですが、更にザイモールで傷が埋められて相当きれいな鏡面になっています。

    20101003n_rt_face
    ↑今回の写真撮影と、へなちょこなマスキング処理は小学2年の息子が担当してくれました。知らぬ間にこんな写真も撮っていたりして・・・・。

    今回は時間が無かったのでベンツの左後だけに試験的に施工しました。(掛けた時間は2時間弱です)
    しばらく汚れの付き具合や撥水性の持ちを観察してみたいと思います。

    艶の印象は深くしっとり、というものです。コーティング類のピカピカ或いはビカビカという
    ものでは有りません。仕上がりの派手さではコーティングのほうが上でしょう。
    バリアスコートは施工すると塗装面が明るく輝く感じで、濡れたような艶になります。
    一方ザイモールを塗った塗装面は濃くしっとりとした色合いになり、質感がグッと上がった感じです。塗装そのものが平滑になってプレスラインがくっきりとする、といえばわかっていただけるでしょうか。
    これくらい質感が向上するということは、全身施工するとベンツも見違えるほどきれいになるのではないでしょうか。

    ベンツ全身に施工するには丸1日掛かりそうなので、その前に海王に施工、ということになると思います。

    |

    « 正しい?ワックスの掛け方 | トップページ | GPSのマウントを考える »

    コメント

    はるかパパ様

    まだ施工していませんが

    塗るのが楽しみです

    今回はお世話になりました

     林

    投稿: 林 芳弘 | 2010年10月 3日 (日) 23時37分

    はるかパパ様

    新年度に入ってからのメンテナンスやワックスがけなど本当に頭が下がります。
    ぐうたらな小生は拝見させて頂くだけで精一杯で、当方に何とか出来るであろうスターターの交換も未だに着手出来ていない状況であります。暫くは寒くて何も出来ないような(怠慢)。

    現在の我が家の状態は「BUDDY日記」というブログのとおりで早く春よ来いです。

    ところで、ザイモールはどの程度の期間状態の保持が出来るのでしょうか。
    BUDDY

    投稿: BUDDY | 2011年1月11日 (火) 01時49分

    BUDDYさま こんにちは。
    新年早々こんなことをやっているパパ(つまりオヤジ)も少ないと思います。
    しかしながらワックスはともあれメンテンアンスをしないと通勤の脚を失いますのである意味"必死"です。(笑)
    ザイモールはベンツの様子を見る限り、たぶん下地処理さえしっかりしてからの施工であれば、撥水効果は3ヶ月くらい持つと思います。
    但しワックス塗りたての艶というか質感向上はだんだん褪せてきますので現実的には1ヶ月くらいの寿命という感じです。
    海王は洗車(拭車)2回に1回はザイモールしてしまうので、よくわかりません・・・・。(ココナッツの香りが癖になります)

    投稿: はるかぱぱ | 2011年1月11日 (火) 08時51分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック


    この記事へのトラックバック一覧です: Zymol 初めてのハンドワックス:

    « 正しい?ワックスの掛け方 | トップページ | GPSのマウントを考える »