« BMW R1150RTの特徴 | トップページ | ナビの防水対策(予備調査) »

バイクにナビ、を再び考える

2010年10月27日(水) 107,270Km

はるかぱぱは地図大好き、GPS大好きです。
地図は見ているだけでわくわくしますし、自車位置が常にモニターできるGPSは大変便利だと思います。

クルマで数機種、バイクでは今のガーミンLegendで2機種目です。
ちなみに、はるかぱぱがナビゲーションシステム(ナビ)に求める機能は、ほとんど自車位置確認と周辺地図情報表示であって、経路案内などはあまり必要性を感じません。(あればたまに使いますけど・・・)

【参考記事】
「バイクでカーナビ」について考える 2008年11月2日(日)33,000KM

さて、現状の"ガーミン eTrex Legend HCx日本語版"は機能的に十分で、何より電源が乾電池で済むことはとても便利で満足しています。昼間も結構見やすいでしし、夜間はバックライトをつけっぱにしても電池は1日以上持ちます。何より防水は安心です。
逆に気になっている点もあります。

■eTrex Legend HCxの気になる点

  1. 画面サイズ
    やはり小さいです。表示範囲が限られることは我慢できても、老眼が進んでいるはるかぱぱには文字が読めないことがあります。
  2. 地図情報がプア
    標準でインストールされている地図情報は国道と大きな県道程度しか載っておらず、細かい自車位置確認は困難です。
    この点はオプションの地図データを買えば解決しますが、2万円以上!という価格がネックです。
  3. ハイウェイモードがない
    高速道路上では停まって地図を確認、ということができませんし、タンクバッグ内のツーリングマップルをめくることも困難です。
    それなのに一気に走る距離がついつい長くなるRTの場合、開いたページをすぐにはみ出して次のページに突入してしまいます。
    高速道路上では、次のガスアップのタイミングや、道路の分岐がわかると便利ですし、周囲に見える建物や山、河川の名称なども"勉強"しながら走りたいものです。
    ポータブルナビのLegendにはそういった機能は無く、これは地図データを入れても変わりません。

主に1番目の老眼対策は深刻で、ツーリングに老眼鏡はもって行きたくないので、なんとかしたいと考えています。

■後継機種候補

  • ガーミン Zumo660
    防水で4.3"ディスプレイ。機能的にまったく問題なし。
    但し81,900円也
    Zumo660
  • ガーミン Zumo550
    防止ですが3.5"ディスプレイ。画面サイズの割りに本体はゴロっとしていて大きめ。
    既に製造中止機種。ヤフオクで3万円後半から4万円程度で入手可能。
    Zumo550_2

  • ガーミン Nuvi1360
    非防水。4.3"ディスプレイ。実売価格18,000円弱。MP3(音楽)再生等の機能は省略。
    Nuvi1360
  • ソニー NV-U35
    ソニーの自転車ナビ。簡易防水。だけどクレードルは非防水。3.5"ディスプレイ。ソニーらしく音楽等の付加機能盛りだくさん。
    実売価格30,000円弱。

    Nvu35

それはzumo660が一番良いのは当たり前なんですが、1360に比較して4倍以上の価格差。故障や盗難の可能性もあり、あまり高い機種を買う気になりません。(お金が無いだけですが・・・・)

NV-U35は大変魅力的ですが、意外に本体は大きく、そして何より電源供給を考えると防水として使えない、と言う点がネック。バイクからの電源供給を考えると結局防水対策が必要になります。

Zumo550の中古っていうのも悪くないですが、これも画面サイズの割りに本体が大きい。でも完全防水という点は魅力です。

ということで本命はNuvi1360。どうせつけっぱなしには出来ないので、防水対策はカバー類でなんとかしましょう。
これで6万円の節約です!(2万円の散財、ともいいますが・・・・)
基本的に自動車用ですから、水濡れ以外にも耐震性能なんかも不安ですが、寿命がZumo660の1/4ってことはないでしょう。(希望的観測)
やはり老眼対策としては大き目(だけど本体は薄くてそれほど大きくない)のディスプレイは魅力ですし、海外用地図データのSDカードをLegendと共用できる点も加点要素です。
※ガーミンの地図データ(DVD版)は基本的にナビ1台毎に買わないと使えないプロテクションが仕組まれています。但し、SDカード版に限っては複数のナビで使いまわしができるようになっています。

ちなみに取り付けは、ハンドル基部にM8ボルトで取り付けることを考えています。
スピードメーターの左側あたりにうまく配置できれば邪魔にならず、すっきり付くのでは、思います。
Ram

|

« BMW R1150RTの特徴 | トップページ | ナビの防水対策(予備調査) »

コメント

はるかぱぱさん、こんにちは。
なんとタイムリーな記事でしょう。
私もeTrex Legend JP版を7年位前から使っていて、
老眼のため見づらくなってきました。
いまどき珍しく、車にナビはつけておらず(あの楽しい
地図の代わりにウン十万もするナビをつける気がしない)、
車とバイク兼用にできるもの、ということで、現在の
最有力候補はnuvi1480です。

1.軌跡ログがGoogle Earthや、いま使っているMap Sourceに落とせること。
2.実売価格が他の同レベルのものより安価なこと。
3.BluetoothでGoogleのデータベースを利用できること。
4.Garmin製品をすでに運用していて、安心感があること。

などが主なポイントです。
ネットをうろうろしていると、いろんなTipsが拾えるのも楽しいです(もちろん実運用は自己責任)。
一両日中に導入予定です。

Kachi

投稿: Kachi | 2010年10月28日 (木) 07時46分

Kachさま、こんにちは。

それは本当に偶然!
1480は5"ディスプレイですね。悩むところです。
導入されましたら感想など御聞かせください。
ちなみに私も地図は大好きです。最近は専らインドア専用、部屋で地図を見ながらニヤニヤしているので家族には気味悪がられます。
走り出すと停まりたくないので、ページめくりのいらないGPSナビは手放せません。
ルート案内も不要、ただ地図と自車位置を表示してくれれば良いので、肥大化した国産ガラパゴスナビには困っていました。
1360のような機種がが2万円以下で手に入るというのはいい時代になったものだと思います。
(※全般的にいいよねっとの価格設定は肯定しがたいですが・・・)

投稿: はるかぱぱ | 2010年10月28日 (木) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バイクにナビ、を再び考える:

« BMW R1150RTの特徴 | トップページ | ナビの防水対策(予備調査) »