« タイヤ、どうしましょう | トップページ | 突然死、そしてレッカー移動 »

【W124】ベンツにカップホルダーを設置

2010年9月5日(日)

20世紀設計のW124にはカップホルダーというものが付いていません。
当時の欧州では、運転中に飲み食いする、というのは下品な事だったのでしょう。

食べるほうはともあれ、飲み物は眠気防止の為にも長時間のドライブ時には常に手元におきたいものです。
ということでカップホルダーの設置を検討しました。

ネットで装着例を見たり、実車で見たりしてあげた設置候補地は

  1. 助手席についているアームレスト
  2. その下のセンターコンソール
  3. エアコン吹き出し口

です。
実は譲り受けたときにはエアコン吹き出し口にプラスティック製のカップホルダーが付いていたのですが、真っ先に取り外してしまっていました。
どうしても嫌いなんです。
ということで、もっともメジャー?な設置場所の3.はボツ。

アームレストは結構分厚いので、くりぬいてペットボトルが入るように加工しようかと考えましたが、実際アームレストをシートから外して表皮もはがしてみると、厚いスポンジの中に太い鉄の骨が通っていて穴の深さが確保できそうもありません。
残念ながらボツ。

ということで消去法で2.しかなさそうです。
今日は試しにセンターコンソールを取り外して、下半分は同じ大きさにした木の箱をつくってみました。
家にあった材料で3時間程度でつくったので、仕上げも全然していません。
とりあえず大きさは使いやすさを評価する為に、艶消し黒のスプレーを吹いて車内にセットしてみました。
これでしばらく使ってみる事にします。

20100905a_rt_oldnew
↑手前がオリジナルのセンターコンソール。本木の蛇腹などお金がかかったつくりですが、開口部が小さく高さも無いのであまり使いやすくはありません。
奥が自作のコンソールボックス。中学生の技術家庭レベルなつくりですが、取り付け部の寸法は車体側とドンぴしゃりになっています。
ちなみに穴ありの蓋は置いてあるだけですが、音が出ないように当たり面に柔らかい革を張ってあります。

20100905b_rt_install
↑装着の図。ナビのリモコン用ホルダーをネジ留めしました。飲み物が無いときはアームレストを降ろすと"箱"自体はほとんど見えません。

バイクに比べてクルマの場合は防水と振動対策が不要なのでこの手の作業はお手軽です。
今後使い勝手に問題が無ければ角を丸める、とかの仕上げをしたいと思います。

|

« タイヤ、どうしましょう | トップページ | 突然死、そしてレッカー移動 »

コメント

ネットから拝見しました^^ 眠気を覚ますコーヒーが手元にないと困りますよね^^

投稿: メルセデスベンツ | 2010年9月 8日 (水) 22時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【W124】ベンツにカップホルダーを設置:

« タイヤ、どうしましょう | トップページ | 突然死、そしてレッカー移動 »