« 【予告?】次はブレーキ関連の整備です | トップページ | Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic »

秋のキャンプツーリング計画

2010年9月22日(水) 102,976Km

ひと(というか家庭)によると思いますが、まだ小学生の子供がいるサラリーマンにとって、数泊のツーリングに行くことはそう簡単なことではありません。
はるかぱぱの場合はここ数年、年1回、10月頃に実施、というのがパターンです。

ということで、ここのところ今年はどこに行こうか考え出しています。(この時間が一番楽しかったりして・・・)

先日大阪往復したときに思ったのですが、東京以西に行くときは連休の夜に帰京、というパターンを絶対避けるべきだ、という事です。
ちなみに北から関東に帰るときは常磐道を使えばつくばあたりまでは渋滞知らずなのでほとんど影響はありません。

とは言うものの、高速1000円は休日のみだし、いつまで続くかわからない割引制度があるうちに出来るだけ遠くの道を制覇しておきたい、そもそも何日も会社を休むことは出来ない、なんて考えるとやはり土日中心の計画になってしまいます。

そこで今回考えたのは変則2泊3日のキャンプツー計画です。

【プラン1】紀伊半島の海岸線を走る旅

  1. 土曜日
    早朝出発。伊勢湾を渡って伊勢自動車道終点「鳥羽」まで移動。
    その後海岸線を西にぐるっと周って尾鷲まで。
    前から一度行きたかった池原ダム近くのキャンプ場でキャンプ。
  2. 日曜日
    熊野、白浜あたり海岸線を探索。和歌山方面へ。高速を使わずに一般道を楽しむ。
    夜になったら適当に日帰り温泉、食事を済ませて阪和自動車道に乗る。
    日曜日の間に大阪の大都市近郊区間を抜け出しておきます。
    大都市近郊区間を抜けたら(できれば中央道まで走っておきたい)高速のPAでテント設営。野宿!
  3. 月曜日(平日)
    早めに起床して出発。
    中央道→長野道と、遠回りして帰ります。(但し高速は途中で降りない)

この計画だったら月曜午後に帰ってきても八王子まで1000円です。
PAでテントなんて張って大丈夫か、という不安もありますが、端っこのほうで邪魔にならなければ許してもらえるのでは、と思います。
雨だったときは困りますが、その時はその時でしょう。

10月10日頃の3連休はキャンプ場も混みそうなので、16,17,18日あたりが第一候補です。
それまでにタイヤとブレーキは整備しておきたいです。

しかしながら高速料金を土日だけ極端に安くするからこんなことになるわけで、そろそろもう少しバランスの取れた制度に切り替えたほうが良いような気がします。
"いつでもどこまででも2000円(バイクは1000円)案"は良かったと思いますが、前原さんは外務大臣になってしまったのでどうなるかわかりませんね。

|

« 【予告?】次はブレーキ関連の整備です | トップページ | Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋のキャンプツーリング計画:

« 【予告?】次はブレーキ関連の整備です | トップページ | Apple In-Ear Headphones with Remote and Mic »