« 備えあれば憂いなし、か? | トップページ | タイヤの残り溝 »

フューエルフィルターのクランプ【再作業】

2010年9月12日(日) 10,1000Km

準備が整ったので、フューエルフィルターの取り付け作業のやり直しを実施します。

柏のファクトリーギアには行ったことがあったのですが、アストロははじめて。調べてきたら穴川にあるようなので金曜日帰宅途中に寄って買出ししました。
準備た物は以下の通り。

20100912a_rt_tools
左から

  1. ホースクランププライヤー(980円の激安品@アストロ)
  2. ドイツ製高級ペンチ(4000円弱)
  3. 爪付きホースクランププライヤー(2000円弱@アストロ)
  4. 別途準備してあったクランプ4種(BMW純正2種+社外品ネジ式2種)

作業は土曜日の朝イチから開始。

20100912b_rt_tank
↑タンク取り外しも手馴れたものです。燃料もポンプで抜いて、プレートの穴に蓋をします。

20100912c_rt_clamp1 20100912d_rt_clamp2
↑再度確かめると、赤丸部の金属パイプへの接続部のクランプが緩めです。一方フィルター本体への接続部はしっかりしまっています。
この状態で増し締め(カシメ)してみたり、新品クランプでツールを使ってカシメなおしてみたりしましたが、イマイチしっかり締まりません。

20100912e_rt_newclamp
↑結局金属パイプへの接続部には社外品のネジ式クランプを使う事にしました。
クランプはスリット無しタイプというやつで、ネジが噛むギザギザがホースに接する面に無いものを選びました。締め付け力は申し分ありませんが、逆にホースへの攻撃性が心配です。いつかホースが破れるかもしれません。(徐々に破れてくれれば外れるよりマシ?)

20100912f_rt_kashime
↑ちなみにAPのホースクランププライヤーはこんな感じ。力を入れると逃げてしまって、このクランプには役不足でした。

20100912g_rt_latch
↑使えなかったAPのプライヤーですが、爪付きのクランプ(プレートに付く2本のドレインホースに使用)には使えました。逆に2000円の爪付き用のほうはうまく使えない・・・。

20100912h_rt_docho
↑組み立て終わったらカウル無しの状態で同調。助手のOKがでました。
ちなみにセカンダリー側のスパークプラグも点検ついでに交換しました。

20100912i_rt_meter_101000
↑完成です。機械式時計のような正確なアイドリングと、スムーズな回転フィールにニンマリしながらテストランしました。

フューエルフィルター用のBMW純正クランプをかしめるためには、もう少ししっかりしたプライヤーが必要のようです。
今回使ったネジ式クランプで次の交換サイクルまで問題が無ければこのままでもよいのですが、万が一、ホースが破けたり、という事になれば指定ツールの購入方法を考えたいと思います。

失敗はしないほうが良いに決まっていますが、今回の事でタンクの取り付け取り外しはかなり得意になりましたし、点火系NGの場合と燃料系NGの場合のエンジン不調の様子も実体験できました。
良い勉強になったと思います。

|

« 備えあれば憂いなし、か? | トップページ | タイヤの残り溝 »

コメント

修理お疲れ様でした、メ-ルアドレスを送っていただければ実際にKのかしめで使っていた工具の写真を送りましょうか?
値段は6-7000円でした。

投稿: masashi | 2010年9月12日 (日) 22時21分

masashi さま
ありがとうございます。
ツールの実物はディーラーで見せていただいたので、あとはどうやって買うか、といった感じです。masashiさまはどちらで購入されたのですか?

投稿: はるかぱぱ | 2010年9月13日 (月) 19時34分

今晩は、はるかぱぱさん
勤務先が大阪なので工具類は日本橋にある輸入工具をおもに扱っている店で購入しました。
使用頻度を考えると高い工具です
Kでは、フュエルホ-ス、マニホルドの修理で使用しました。

投稿: masashi | 2010年9月13日 (月) 20時05分

工具を買いだしてからたまたま見つけた店で
店主がへんこですけど、安心して相談ができる感じです。

http://www.europark.com/ny-manus/ny-amclm/ny-am9603clm.htm
にも書かれていますが、結構いい感じです。

投稿: masashi | 2010年9月13日 (月) 21時14分

masashi さま

情報ありがとうございます。
大阪、ですか・・・。すぐには行けそうもありませんが、関東にも同じようなツール専門店があります。以前、我孫子にもあったのですが、今はどうでしょう。
最近はアストロやファクトリーギア等の量販店が幅を利かせて、小さな店は経営が大変だと思います。
そういった店は、流行に左右されない品揃えと豊富な知識を元に商売されているわけで、世の中、目先の値段だけで判断してはダメですね。

投稿: はるかぱぱ | 2010年9月14日 (火) 08時30分

はるかぱぱ様こんにちわ
この話題から既にかなりの時間が経っていますので参考にならないかと思いますがコメントさせていただきます。私の場合はこの作業でポンプを壊してしまいポンプアッセンブリ交換をしました。タンク外部の2本のホース交換は失敗の学習効果を元に以下の作業をしました。リング取り外しはグリスまたはCRC556を塗布してリングの突起をラジペンで掴み左右に振りながら滑らせて外しました。取り付けは逆にホースにグリスを塗っておいてから左右に振りながら所定の位置にリングを収めました。思ったより簡単でスッと入りホース部も十分食い込んでかなりの力で引っ張っても大丈夫でした。常識外のリングの再利用となりますが問題ないと判断しました。1年ほど前の作業ですが暫くはホースが外れてエンストによる事故が怖くて高速道路も左側をゆっくり走っていました。今ではもう大丈夫と判断して忘れています。ですが、もう2度としたくない作業です。私の場合でしたら走行中エンジン停止したら即、事故りそうです。これからこの作業に挑戦を考えている方はDラーに任せることも再度検討ください。kouichi

投稿: kouichi | 2010年10月24日 (日) 06時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フューエルフィルターのクランプ【再作業】:

« 備えあれば憂いなし、か? | トップページ | タイヤの残り溝 »