« HIDが点かなくなりました | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

モチュールその後(2) 劣化

2010年7月13日(火) 94,200Km

先日交換したモチュールですが、走行1200Km以上になりました。
このところとても気温が高い状態で、しかも渋滞した都内を走ることが多かったのでエンジンオイルには厳しい環境だったと思います。

MOTUL 300V COMPETITION 15W50 は評判の高いオイルなので、こういった状況でも劣化が少なく長持ちする、というのが2000円/リットルもするオイルを使ってみた理由なのですが、今のところの様子を見ると

たいした事無い!

という印象です。

特に先日リモワ探しに都内を長時間うろついた(さらにブレーキも不調になって・・・)後では明らかにオイルの劣化を実感させられ、アイドリングではカタカタとしたタペット音らしきノイズが目立つようになってしまいました。

今のところ、カストロール フォーミュラRS(10w-50)と同程度の"持ち"だと感じます。

未だ回転があがったときに油膜切れしているような感じはまったく無いので、(アイドリング時の音は気になりますが)このまま使い続けますが、当初の計画のように5000Km使い続けられるかどうかは???です。

やはり空冷(油冷)ビッグツインはオイルに厳しいのでしょうか。
熱の影響もそうですが、もしかしたら燃料の混入が結構多いのかもしれません。
どんなエンジンでも少なからず潤滑油に燃料が混じることは避けられませんが、燃料が混じると粘度が落ちてしまうので特に夏場は問題になります。

今回使ったのは並行輸入のモチュールなので、それが原因、という考えも否定できませんが、個人的には考えにくいと思います。
もう1セットある20w-60も試してみる予定ですが、こうなるとあまり期待できないでしょうか・・・。

|

« HIDが点かなくなりました | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モチュールその後(2) 劣化:

« HIDが点かなくなりました | トップページ | 梅雨の晴れ間に »