« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 山形~秋田を日帰りで周る »

どうなる?高速料金。どうする?夏休み!

2010年7月16日(金) 94,550Km

参院選で民主党が惨敗。再び衆参両院で捩れ国会状態です。
(今回は衆院で与党2/3以下だから真の捩れです)

この状態だと、まともに法案が通らないので、高速道路料金変更も棚上げでしょうか。

今の高速道路料金制度(休日1000円)と、民主党が掲げていた改定案(全日2000円)の主な違いは、

  1. 休日1000円方式は、休日に限り普通車もバイクも"原則"1000円
    全日2000円方式は、休日も平日も普通車2000円、バイク1000円
  2. 休日1000円方式は、大都市近郊区間は別料金体系(1500円くらい加算)
    全日2000円方式は、大都市近郊区間もコミコミ(ただし首都高等は別)

という感じです。

すでに全日2000円方式がこのまま採用されることは無いでしょうから、比較すること自体無意味ですが、バイクにとっては2000円方式のほうがメリットが大きいです。
バイクに限らず、平日も割引対象であること、大都市近郊区間も含まれていることを考えるとクルマもそんなに損じゃないと思いますが、マスコミは反対意見を煽りましたね。

そもそも1000円でも2000円でも(トラックはもっと高いですが)、割引前の料金に比較すれば、大バーゲンなわけで、自民党の苦し紛れのバラマキ施策と比較することもどうかと思います。
とはいえ、民主党の提案も手放しで喜べるものでないのは、「コンクリから人へ」と言っていたのに道路建設に割引予算をまわしたりしている点です。

まあ、ともあれしばらくは休日1000円が続きそう。そうなると夏休みの計画を考え直さなければなりません。
高速での長距離移動は週末必須ですが、特にお盆付近は渋滞も避けられない。
往復を高速で、となると1週間の休みを取らなければいけないのはかなり厳しいです。
本当は北海道か九州に行きたいのですが、フェリー代がいらない九州かな・・・。

|

« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 山形~秋田を日帰りで周る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうなる?高速料金。どうする?夏休み!:

« 梅雨の晴れ間に | トップページ | 山形~秋田を日帰りで周る »