« 炎天下の長距離ツーリング | トップページ | 定期的整備の間隔 »

モチュールその後(3) やっぱり凄い?

2010年7月21日(水) 96,022Km

交換から3100Km。
連日灼熱・渋滞の都内を這いずり回って、突然1200Kmの連続高速走行、という使い方でここまできました。

アイドリング時のタペット音?がカタカタと気になる点は以前書いたとおりです。
交換直後は気にならなかったので、明らかにオイルの劣化は進んでいるようです。

一方通常使う3000rpm以上の回転数では、そのネッチリしたフィーリングに大きな差はありません。
定常回転時にガサつくこともなく、スロットルを少しずつ開けたときの滑らかな加速の具合などは今まで使ったオイルの中でも1,2番の好印象です。

ここのところ、朝でも気温は30℃を超えていて、ちょっとクルマの流れが悪くなると油温計は目盛り6つまで上昇。渋滞で両端に停まったクルマの間をすり抜けたりしていると目盛り7つまで上昇、といった具合です。
長い信号待ちではエンジンストップをしていますが、油温があがってくると足首/くるぶしの辺りがあっちっちになって、ライダーも消耗させられます。
60Km/h程度で流れ出すと、油温も下がり、くるぶしの熱さも収まりますので、電動ファンでもつければ少しマシになるのかもしれませんが、ポリス仕様には装備されているのでしょうか?

おそらくこういったときのエンジンオイルの温度は100℃を大きく超えて、場合によっては150℃とかに達しているかもしれませんので、基本80℃で運用される水冷エンジンのオイルに比べれば相当過酷な条件だといえます。

そんななか、MOTUL 300V COMPETITION 15W50 は(アイドリング時の挙動を除けば)通常走行には差し支えないだけの性能を維持しているようで、これは今まで試したオイルの中でも最も熱負荷に強いオイルだという印象です。

オタクな興味としては、こういった印象を定量的に計る方法を確立したいところです。ある温度における粘度を自分で測定できれば、新油時と使用後でその差を見ることができ、オイル銘柄ごとの評価が消費者の目で行うことができます。

モチュールはこのまま5000Kmくらいまで(あと2000Km)使い続けたいところですが、別の問題があります。
フィルター込みで交換時に3.6リットル程度使用。その後2回(100cc+200cc)ほど補充したので、現時点で補充用オイルは100ccくらいしか残っていません。今、サイトグラスでちょうど半分くらいを指しています。
ということで、いつまで使えるかはそちらに依存している状態です。
3000Kmで400cc程度の消費(133cc/1000Km)という消費自体は(海王としては)特段多くないのでいたし方ありません。
同じ銘柄をもう1缶買えばよいのですが、補充用だけのために買うというにはちょっと高価ですし、次にテストする20w-60が4リットルあるので、補充用がなくなった時点でこちらに交換する予定です。

【参考記事】
オイル交換(6月末)-魔法の蜂蜜 2010年6月27日(日) 92,914Km
モチュールその後(1) 2010年7月2日(金) 93,510Km
モチュールその後(2) 劣化 2010年7月13日(火) 94,200Km

|

« 炎天下の長距離ツーリング | トップページ | 定期的整備の間隔 »

コメント

お久しぶりです。
海王号は、絶好調のようですね。
私のRTはバッテリーが駄目になってきたようで、先日道の駅で30分ほど休憩をし、さあ行こうかと思ったら、エンジンが掛からない! えぇ~~(><)
さっきまで、何でもなかったのに。

どこかお勧めのお店ありますか?(なるべく出費をおさえたいので^^)

投稿: CIMA | 2010年7月21日 (水) 11時14分

CIMAさま お久しぶりです。

バッテリーですか。海王のバッテリーは納車1年未満で1回交換しましたが、保証で対応してもらったので購入したことはまだありません。
以前調べた資料があったので以下に記載します。
ちなみに海王は毎晩OptiMateで補充電するようになってからバッテリーが弱ったような兆候を見せることはなくなりました。
但し、いつか「急に来る」と思うので備えは必要ですね。

■純正
19AバッテリーR1150モデル他(密閉/ジェル) 定価¥19,425
毎年2月頃にディーラーで行われるキャンペーンでは¥15,500で入手可能
■純正(イギリス) 68ポンド・・・10,000円 海外発送不可

■スパイスボーイ
(1)URL 
http://www.nanshin.net/tekigo/bike/bmw.html
(2)型番
SB14L-A2
(3)価格
3,480円
(4)サイズ
長さ 幅 高さ
135 91 167
(5)互換情報
互換バッテリーの一例
 YB14L-A2
 GM14Z-3A
 FB14L-A2
 YTX14AHL-BS

■ウエストコ バッテリー
(1)URL
ヤフオク
(2)型番
12V20P
(3)価格
14,800 円
(4)サイズ
縦75 横180 高さ167 (純正バッテリーとほぼ同寸法)  容量 12V 20A
(5)互換情報
BMW純正 19Aバッテリー搭載車全車
R45,R65,R80,R80GS,R850R,R1100R,
R1100RS,R1100RT,R1100GS,R1100S,
R1150RS,R1150RT,R1150GS,R1150R
R1200RT,R1200C,R1200C-A,R1200CL,R1200CM
K75,K100,K100RS,K100RS4V,K1100LT前期 (サイズは異なりますが、純正の大型25Aバッテリー搭載車にも使えます。)搭載方法は同じです。
K1100RS,K1100LT後期,K1200RS,K1200GT,K1200LT,

投稿: はるかぱぱ | 2010年7月22日 (木) 08時55分

情報ありがとうございます。
私は2週間に1度補充電していたんですけど、JAFのお世話になってしまいました。^^;
(7年目だから交換しないとだめですね)

完全に外さないで、ずらしてバッテリー端子に繋いだんですけど、炎天下でのカウル外しは大変でした。

投稿: CIMA | 2010年7月22日 (木) 09時35分

CIMAさま

7年ですか・・・。十分お役目果たしたといった感じですね。
炎天下のカウル外し、想像しただけでクラッとなります。電気がないと動かない現代のバイクにして、カウルを外さないとバッテリーにアクセスできない設計はバツですね。
ご存知だと思いますが、1150RT後期型にはカウルをはずさないでジャンパワイヤーを接続するための端子が追加されています。
パーツでとれば簡単につけられると思います。(でも活用されるのは7年後?)

投稿: はるかぱぱ | 2010年7月23日 (金) 08時27分

こんにちは
いつも楽しく拝見させていただいております。私はR1150Rですがバッテリーは秋月電子のWP22-12(¥6000)を3年サイクルで交換しています。過去2回交換していますが全く問題ありません。サイズは約181x76x167mmで純正とほぼ同じです。端子穴を少し大きくする必要があることとプラス側の絶縁板が使えませんので何か工夫が必要です。補充伝は、冬場は2週間に1回、夏場はしていません。参考までに では

投稿: kouichi | 2010年7月26日 (月) 05時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モチュールその後(3) やっぱり凄い?:

« 炎天下の長距離ツーリング | トップページ | 定期的整備の間隔 »