« タコメーターのLEDバックライト | トップページ | 10万キロを前に »

夏用オイルの準備

2010年6月10日(木) 91,700Km

今使っているエンジンオイルは、とりあえず追加で買いだめしたカストロールRSフォーミュラ 10w-50です。
このオイルは100%化学合成オイルとしては安価(2980円)に入手可能で、比較的熱に強く空冷エンジンに合った性格を持つものだと思います。

とは言うものの、暑い時期に使うと1万キロに3回の交換サイクル(3333Km毎)の維持はきつく、1万キロに4回(2500Km毎)の交換が必要になります。
感覚的には2000Km毎には交換したくなるほど粘度が落ちているようなフィーリングがあります。

昨年末より冬期オイルに新しく粘度の低いオイルを使ってみたりしましたが、今年は"夏用"オイルも探してみることにしました。

試してみる方向は2つで、

  1. 良い(高価な)オイルで交換インターバルを伸ばせるか?
  2. 安いオイルでインターバールはどこまで短くなるか?

というものです。
まずは高価なオイルから試してみます。

選んだのは

  • MOTUL 300V LE MANS 20W60(7960円/4リットル)
    ※JO-YAにて2リットル缶が3980円
  • MOTUL 300V COMPETITION 15W50(7960円/4リットル)
    ※JO-YAにて2リットル缶が3980円

です。

モチュールは定評あるフランスの「高級」オイルですが、並行輸入業者のJO-YAさんでは比較的安価に入手可能です。
但し、いつでも在庫があるわけではないので、今回も20w60は3月に、15w-50は最近買うことが出来ました。

いずれもカストロールRSの2.7倍!の価格なので、少なくとも5500Km程度無交換で使えなければ割高、という事になります。
まあ、良いオイルを使う理由は経済性だけではない(というか普通は不経済なもの)なので、5000Km持てば合格としたいと思います。
15w50は7月、20w60は8月頃に試してみる予定です。

ちなみにこれでよい結果が出ない場合は、以前にも使ったことがある

  • シェブロンシュプリームオイル20w50 (1092円/4QT)
     
    ※コストコにて12本入りで3280円

を再度試してみることも考えています。(上記「方法2」安いオイルで・・・)

2008年7月の記録では1000Km程度は快調だったので、カストロールの1/3の価格を考えると1000Km毎の交換も有りかというアイディアです。

但し、1000Km毎というころは2週に1回オイル交換をすることになって面倒な上に廃油も出て地球環境に悪いですから、まあ、あまり気の進む方法ではないですね。

オイルオイル
奥の2缶が20w60.手前2缶が15w50.ボトル2本はモリブデン入りギアオイルです。
我家にはこれ以外に3缶ほどカストロールがあって、当然のごとくかみさんからは嫌な顔をされています

|

« タコメーターのLEDバックライト | トップページ | 10万キロを前に »

コメント

私も経済性については考えるところです
ケンドルとゆうオイルが有りますが評判について
ご存知ですか
1万キロまたは1年毎での交換でよいらしいですが
にわかには信じがたいです
減ってくれば継ぎ足してくださいと販売店さんからの返事もいただきましたがバイクで1万キロも
持つもんでしょうか
情報お持ちですか

投稿: m | 2010年6月10日 (木) 22時01分

Kendallですか。知りませんでした。
調べてみるとアメリカ・ペンシルベニアのパラフィン系鉱物油のようですね。ペンシルベニアの油田は潤滑油に適した油が出ることで有名で、確かシェブロンなどもここの油を使っていたと思います。
ケンドルは昔からロングライフを売りにしているメーカーのようです。一般論としてアメリカのこの手の製品の宣伝文句は話半分に聞いておかないとがっかりさせられるものですが、まるっきりのウソということも無いところが中国製との違いでしょうか(笑)
大排気量空冷エンジンで1万キロ無交換で性能を維持するかどうかは別にして、悪い製品ではなさそうです。
但し、分子の大きさ云々を言い出すと100%化学合成油を肯定することになってしまいますし、流通経路が限られていて、1980円/リットルという単価を如何ともしがたいのがネックでしょうか。1000円/リットル程度なら試すのですが・・・・。

投稿: はるかぱぱ | 2010年6月11日 (金) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏用オイルの準備:

« タコメーターのLEDバックライト | トップページ | 10万キロを前に »