« 10万キロを前に | トップページ | 大雨の高速道路 »

洗車そしてクラッチレバーへのグリスアップ等

2010年6月12日(土) 91,910Km

梅雨を目前、貴重な晴天の週末。
いつもの洗車の後に、気になっていたところの軽整備を行いました。

まずはクラッチレバーを握るとキュッキュッとゴムが擦れるような音と、少しギシギシした感覚が出だしていたので、隙間からシリコングリスをシューっと吹いてみました。
構造的にこんな処置では長持ちしないとは思いますが、とりあえずやらないよりはマシでしょう。
実際音はしなくなりました。(下の写真、黄色○部分)

20100612d_rt_silicone

あとはマフラーエンド部をメタルコンパウンドで磨いたり、タイヤの入念な点検をしたりして本日のバイクいじりはおしまいです。

20100612c_rt_metalcomp 201006112a_rt_punkato
↑メタコンで磨くとマフラーはピカピカになります。RTのメッキ部分はここだけですから。
パンク修理後はこんな感じ。漏れはありません。

20100612b_rt_river
↑バリアスコートしたボディは相変わらず素晴らしい艶です。

20100612e_rt_pania
自家製塗装のパニアケースの薄蓋も特に色褪せはありません。無塗装のパニア本体側は白焼けしてしまいました。ドイツ車ってこうなんですよね。

20100612f_rt_headlight
↑切れ長の眼の中に覗くHIDバーナー(トヨタ純正)

20100612g_rt_foot
↑こんなところには9万キロ使い込んだ跡が・・・。

20100612h_rt_meter_91910

|

« 10万キロを前に | トップページ | 大雨の高速道路 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗車そしてクラッチレバーへのグリスアップ等:

« 10万キロを前に | トップページ | 大雨の高速道路 »