« 【番外編】ポークリブとミシシッピー川 | トップページ | モチュールその後(1) »

オイル交換(6月末)-魔法の蜂蜜

2010年6月27日(日) 92,914Km

少し遅めの定例オイル交換で、いよいよモチュールを試してみる事にしました。
準備しておいた夏用オイルから、今回入れたのは
MOTUL 300V COMPETITION 15W50
です。

近所を走ってオイルを温めてから、今まで使っていたカストロール フォーミュラRS 10w-50をドレインします。

20100627h_rt_drain
↑油温が上がっていることもありますが、ドレンプラグを外すとシャバシャバなオイルが凄い勢いで流れ出ます。

20100627i_rt_filter
↑銘柄を変えるので、フィルターも交換です。

20100627j_rt_motul
↑入れたのはコレ。ノズルがついているのですが、RTのエンジンではカウルと干渉して最後までは入れ切れません。

20100627k_rt_tire
↑(おまけ)パンクさえしなければまだまだいけそうなRタイヤ。現時点で18,000Kmですが、今回の目標?は5万キロです。

20100627l_rt_meter_92914

テストランしてみた感じでは、硬くないけどネットリした感じ。普通粘度が高いとエンジンの回りが重くなりますし、粘度が低いとガチャガチャと金属同士が当たるような振動が感じられるものです。
雨が降ってきてしまったので極短時間の走行でしたが、そのどちらも感じられない上質な印象のオイルです。
まさに魔法の蜂蜜。これからの熱負荷に対する耐性がどんなもんか、楽しみです。
※多分にプラシーボ効果があると思われますので、正確なところは1週間程度使ってみないとわからないですね


|

« 【番外編】ポークリブとミシシッピー川 | トップページ | モチュールその後(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オイル交換(6月末)-魔法の蜂蜜:

« 【番外編】ポークリブとミシシッピー川 | トップページ | モチュールその後(1) »