« 【洗車ネタ】シリンダーヘッドの防水対策 | トップページ | SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 を買った »

メッツラー 1万キロ

2010年4月14日(水) 85,500Km

先日メッツラー走行が1万キロを越えました。

当初心配された磨耗の進行は、まあそれなり、といった感じです。
はるかぱぱの場合、減りやすい前輪の状態は5分山程度。この調子なら2万キロはいけそうです。
但し、これから外気温が高くなりますので、タイヤの磨耗には厳しい条件になります。
PilotRoad2の場合32,000Km持った訳ですが、メッツラーROADTEC Z6 INTERACTの場合はそこまでは厳しそうです。

このタイヤの美点は、タイヤとしての基本性能の高さに尽きると思います。雨やみぞれなどの悪天候下でも安定したグリップを維持し、ライダーは安心して走行を続けられます。
高性能ツーリングタイヤというカテゴリーにとてもふさわしい性格だと思います。
反面、感触としてスムーズさに欠ける部分もあって、常にざわついたフィーリングが感じられます。目の粗いアスファルト舗装路等では結構なロードノイズを発しますし、この辺は最後までスムーズな乗り味を維持したPilotRoad2と対照的です。

前輪

後輪

しかしながら、この後輪のパターンは、交換時期の判断が難しそうですが・・・・。


|

« 【洗車ネタ】シリンダーヘッドの防水対策 | トップページ | SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 を買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メッツラー 1万キロ:

« 【洗車ネタ】シリンダーヘッドの防水対策 | トップページ | SHOEI X-Eleven KAGAYAMA 2 を買った »