« パーツの個人輸入-2010【計画編】 | トップページ | パーツの個人輸入-2010【オーダー編】 »

フューエルフィルターとホース

2010年4月1日(木) 84,230Km

O2センサーのことを聞こうとディーラーの整備担当に電話をしました。
案の定センサーは3万円程度との事。個人輸入決定ですね。

更にそこで追加の情報も仕入れました。

8万キロという距離と症状(エンジン回転の瞬間的な乱れ)の対処としては、まずフューエルフィルターを換えてみては、というものです。
正しくは、
8万キロだったらフューエルフォルターを換えてからでないと始まらない
というご意見でした。

まずは定期交換部品をちゃんとしなさい!ということですね。

今回タンクを降ろす"ついで"にフィルターを換えようと思っていたので、その旨伝えると、更に
8万キロだったらいっしょにホース類(4本)も換えた方が安心
というごご提案までいただきました。

ここでいうホース類とは、タンク内にある燃料ホースのことです。漏れや詰まりがあると不具合になることはもちろんですが、ホースを留めるプラスティック製のクランプに金属製の対策品が出ているそうで、つまり不具合が多いということですね。
ちなみに、フィルター交換する際には、この該当ホース4本のうち2本の一端を外さなければいけないそうで、たしかにフィルターを換えるなら一緒に、という提案は納得のいくものです。

20100401a_rt_fuelhose
↑図中オレンジが問題のホース。水色はフィルターです。

さて、これらホース類とクランプ、Oリング等、間違えなく輸入するのはかなり困難なので、これはディーラーさんにて買わせていただくこととしてお見積もりをいただくと3万8千円(高っ!)だそうです。

はるかぱぱの場合、こういったものは、壊れないと交換する気にならないのですが、少なくともフィルターは近いうち交換しなければならないのは確かです。
不具合が発生してからでは自己作業が困難になり、さらの工賃加算、というシナリオもありえますので、ここは予防整備としてホース込みでDIY交換に挑戦することにしました。

"ついで"のつもりで計画したフューエルフィルター交換ですが、結構大事になりそうな予感です。

|

« パーツの個人輸入-2010【計画編】 | トップページ | パーツの個人輸入-2010【オーダー編】 »

コメント

はるかぱぱさん こんにちは
いつも楽しく拝見させていただいております。はるかぱぱさんの場合は走行距離が多いので部品の手当ても大変ですね
で、私も昨年5月にフューエルフィルタを交換しました。結果的に大失態をしでかし、結局、燃料ポンプアッセンブリーを交換することになってしまいました。その失敗談を少し書きます。(参考になれば幸いです)私もディラーさんに確認して耐圧ホースも交換しないと駄目ですということで耐圧ホース(1メートル)とクランプ数個をMotor-Works社に注文しました。ホースは自分で適当な長さに切るということで納得して注文しました。ここまでは良かったのですが、いざフューエルフィルター交換ということでガソリンタンクを外し燃料ポンプアッセンブリーを引き出し(これがまた大変。なかなか出てこないのとガソリン臭で死にそう。消火器も手元に用意しました)ようやく出てきて小休止。取り付け穴にもダンボールを張るなど余裕を持ってさぁ机の上でのんびり作業しましょと思ったまでは良かったのです。まずフィルターの両端から耐圧ホースをラジオペンチで挟み(これが大失敗の序章です)こじって抜きました。意外に簡単。ホースは確かにガソリンに浸かっていますが、ふやけた様子もなくこのままでも再使用できそうでした。でもルンルン気分で、どうせなら直角に曲がってるのですが、フィルターとポンプ間の短いホースも交換しようと考えました。フィルターと同じ要領でポンプ端子をペンチでぐりっとこじりました。と、、、
ポキッ!と乾いた音。次の瞬間何が起きたのか判った私は「あ」に点々の声を発して倒れました。そうです。ポンプから燃料が圧送されるパイプ部分はプラスチックだったのです。それも厚さが1mmもない薄さでした。起きてしまったことを悔やんでも仕方ないのでよくよくポンプを見るとどうもポンプ単体では外せない構造になっています。ポンプのシャフトにかかる部品が菊ワッシャで止められているので逆方向にスライドしないからです。たぶんネジ留めだと緩んでトラブルになるから対策を打ってあるのだと考えました。Motor-Works(M社)のパーツをネットで見る限り単体でも掲載されているので思い切ってM社へネットで翻訳した英文の問い合わせメールを送りました。欲しいパーツは以下で絵が入手できたのでこれを送りました。
http://www.realoem.com/bmw/select.do
さすが信頼のM社です。すぐに返事が返ってきました。(ネットで翻訳させるときは箇条書きで簡単に書くとよいみたいです)返事をコピペしてネット翻訳すると貴方の部品は新型なので通常掲載してないよ。これが欲しいなら別紙を送るからその注文書にクレジットカード番号を記入して送ってくれ。そうしたら我が社はBMWから取り寄せるから都合2週間待ってくれというようなことが書いてあり206ユーロー(日本円で3.5万程度だったと思います)で再びエンジンに火が入ったときは、なんだか感無量でした。でも暫くは突然のエンジン停止に備えて高速道路でも左端ばかり走っていました。前後しますがホースは、2本の高圧ホース(タンクから出てエンジンに入って
戻る部分を交換しました)勉強したことはホースクランプがネジでなく圧着でカシメられているので難儀してペンチでコジルなどしたのが原因ですが、このクランプ部分とスライドさせるゴムホース部分にCRCを吹きつけてペンチでカシメ部分を持ちゆっくり回転させれば、なんのことありません。いとも簡単にクランプが外れました。その後、軸方向に4箇所90度間隔でナイフで切り込みを入れるか、緩んだホース部分にCRCを吹いて手で引っ張れば例のガソリンタンクを外すときに外すジョイント部分は簡単に処理できました。なお、購入したクランプは鉄製でネジで留めるタイプでした。
今回、燃料ポンプを外すときに写真を撮っておいたことと位置を正確に印をつけておいたことが良かったです。
丸い円盤にポンプなどがついていますが、取り付け位置が狂いますとガソリンの液量を測るフロートが垂直に立たず面倒なことになるところでした。最後になりますが本当に4万キロで異物が混入しているのか?
ヒューエルフィルターを切断して目視点検をしてみました。ポンプ本体にも吹流しのようなフィルターがありここで砂などの大きなものが濾過されているようです。目で見て判るような異物があったら大変ですね
ここは素直に4万キロ交換をこれからもするつもりです。ポンプはボッシュ製の4輪用みたいでした。これは10万キロと言われているようです。また、4万キロは仮に燃費がリッター20キロとしますと2000リットルを消費しますよね。ドラム缶200本分ですね。それだけのガソリンがあの小さなフィルターを通った訳ですので4万キロ交換も当然かなと思った次第でした。はるかぱぱさん フューエルフィルター交換頑張ってください。成功を祈っています。

投稿: kouichi | 2010年4月 1日 (木) 18時11分

はるかぱぱ様 kouichiです。先の私のコメントについて補足させてください。私は、はるかぱぱ様の図に掲載されているオレンジのホースは交換しませんでした。私の判断ではこのホースはガソリンタンク内を大気圧に保つブリーザホースとガソリンを入れ過ぎた時のドレンホースだと思いました。交換は次回にして高圧ホースのみ交換しました。あと交換品目でOリングが抜けていました。Oリングはこの図に見えませんがガソリンタンクとポンプアッセンブリー間のOリングです。
参考の参考になれば良いのですが私のMotorWorksに発注したパーツナンバーを記載しておきます。(ただし私のバイクはR1150RですのでRTとはパーツが違うと思います)
Fuel filter SIA61265
Fuel hose TAA37827
Hose clamp COA60928
あとから注文したポンプアッセンブリは
同社にはパーツ番号ありませんでした
invoiceにもPartsとしか記載されていません。訂正ですが、先のコメントで2000リットルはドラム缶200本と記載しましたが正しくは100本ですね。失礼しました。

投稿: kouichi | 2010年4月 1日 (木) 22時06分

kouichiさま

ご丁寧な情報をありがとうございます。
とても参考になります。
先日の片肺事件ですっかり自身喪失状態なので、フィルター交換はいつになるかわかりませんが、やるときには十分気をつけたいと思います。

尚、ホースの選定ですが、ディーラーの整備担当の提案です。私もポンプ下流のホースだと思ったのですが、電話で話した限りでは図中オレンジに示したもののようです。(実際にパーツを受け取りに行ったときに再度確認します)
ちなみにRTはタンク形状が複雑で成型ホースが必要、ということでした。

ここのところ要整備箇所が増えて、ちょっと大変です。ブログとしてはネタに困らなくて良いのですが、まあ、出来るところまでやってみたいと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: はるかぱぱ | 2010年4月 1日 (木) 22時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フューエルフィルターとホース:

« パーツの個人輸入-2010【計画編】 | トップページ | パーツの個人輸入-2010【オーダー編】 »