« ヘルメットでこめかみが痛い場合 | トップページ | SHOEI X-Eleven 実際の使い心地 »

ヘルメットでこめかみが痛い場合(その2)

2010年4月16日(金) 85,770Km

SHOEIのHPで紹介されている方法を試してみました。
ヘルメットの天井部分に薄手のタオルを四つ折にして入れてみる、というものです。

結果は中々効果的なものでした。

対策無しでは1時間弱でこめかみが痛くなりだして、最後はかなり苦痛に感じるほどでした。頭の締め付け(局所的な圧迫)はほんのちょっとした圧力でも頭が割れるほどの頭痛を感じるものです。(孫悟空状態ですね)

タオル挿入による対策後は、1時間以上経過してもほとんど痛さを感じません。
まだなんとなく「当たっている」部分があるように感じられるので、もっと長時間被りつづければ痛くなるかもしれませんが、タオルの厚さや位置を調整すれば解決しそうです。

細かい調整が終われば、同等の形状のウレタンスポンジを内装の裏に貼り付けて恒久対策としたいと思います。

「ヘルメット こめかみ 痛い」でググると、結構な人が同じ悩みを持っているようです。
あたって痛い、ということから、削る、潰す、という対策が多く紹介されていますが、スポンジ挿入によるSHOEI方式はかなり効果的なので、お悩みの方は是非試してみてはいかがでしょうか。

20100416a_rt_side
↑帰宅後タオルの配置を少し変えてみました。位置として後寄り。縦2つ折にして前後方向の長さを長くしました。

20100416b_rt_up
↑上から見るとこんな感じ。後頭部に余裕を感じることと、できるだけ広い面積で均一に当たるように留意しました。

20100416c_rt_fwd
↑前から。赤丸部分のパッドが少し厚いのでしょうか。ここだけが強く当たらないようにタオルを配置しています。

ちなみにこの仕様で自宅で1時間ヘルメットを被ってテスト。ほとんど痛みは発生しませんでした。頭の上部全体でヘルメットに接している事が感じられて良い感じです。
週末にウレタンスポンジに交換したいと思います。

深夜にヘルメットを被って1時間座っている姿は家族にも見せられない危ない雰囲気です。

|

« ヘルメットでこめかみが痛い場合 | トップページ | SHOEI X-Eleven 実際の使い心地 »

コメント

ありがとう、ございます。30年来のヘルメット頭痛問題が解消できて本当に感謝してます。この方法でこめかみの痛みは完全に解消されました。隣県間をほぼノンストップで3時間くらいヘルメット被ったまま走り続けても大丈夫でした。

投稿: こんちゃん | 2020年1月21日 (火) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルメットでこめかみが痛い場合(その2):

« ヘルメットでこめかみが痛い場合 | トップページ | SHOEI X-Eleven 実際の使い心地 »