« 歴史博物館までお散歩 | トップページ | スパークプラグの事 »

パナソニック LUMIX DMC-FT1で怪現象?

2010年4月26日(月) 86,750Km

パナソニックの防水デジカメ「DMC-FT1」を買ってからそろそろ1年になります。
ハワイでの水中写真では大活躍、その後も常時携行用カメラとして便利に使っています。

【参考記事】
パナソニック LUMIX DMC-FT1-Gを買った 2009年5月10日(日) 50,650Km

そんなFT1ですが、たまに不可思議な現象が発生することがあります。

それは買った当初からあったのですが、
「撮影したデータがごく稀に記録されていない!」
というものです。

フィルムカメラと違って、デジカメはあまり深く考えずにパチパチ撮影してしまいがちです。
最近はSDカードの容量も大きくてよりいっそう"無駄打ち"が多くなってしまいます。
そんなんで、撮影した"はず"の写真がカード上に記録されていなくても、しばらくは「勘違いかな?」ということで済ませていました。
とは言うものの、何度かそういうことが重なり、使い出して数ヵ月後には「ちょっと怪しいな」と疑い始めていました。
そして先日、明らかに撮影したはずの写真が記録されていないことに気付いてしまったのです。

FT1に限らないでしょうが、デジカメで撮影して記録されたデータには自動で連番が振られてファイル名になります。
今回の場合、"消失"したデータの部分は空番にはならずに、次のデータが何事も無かったかのように記録されています。
早速同種事例をググッてみたところ、FT1で同じような経験をした人の例を複数見つけることが出来ました。
そこではSDカードへの書き込み時にErrorになるのでは、という話になっているようです。
その推測が正しければFT1だけの問題ではなく、大容量SDカードの問題ですね。

うーん。ちゃんとカードはFT1でフォーマットしてから使っているのですが・・・・。
とりあえずもう一度カードをフォーマットしてみたいと思います。

「プロじゃないんだから」といってしまえばそれまでですが、撮ったものが撮れてない、というのはなんというか裏切られたような気分になってしまいます。
FT1は防水機能以外は普通のパナソニックデジカメなので、ブログ用の写真を撮るには十分すぎるほどの性能で、日中の撮影は勿論パーティーモードでスローシンクロさせる室内撮影がとても綺麗で、ちょっと重量が重いことを除けば大変気に入っているカメラです。
それだけに(原因がカメラなのかカードなのかまだわかりませんがなんとか解決できれば良いなあと思っています。

|

« 歴史博物館までお散歩 | トップページ | スパークプラグの事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック LUMIX DMC-FT1で怪現象?:

« 歴史博物館までお散歩 | トップページ | スパークプラグの事 »